新高和ソフトウェア、全自動オンデマンドディスク発行ソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新高和ソフトウェア、全自動オンデマンドディスク発行ソフト発売


掲載日:2011/11/30


News

 新高和ソフトウェア株式会社は、全自動オンデマンドディスク発行ソフトウェア「群刻」を発売した。

 「群刻」は、EPSON PP-100、PP-100N、PP-50ディスクパブリッシャー専用のトータルソリューション製品で、光ディスクデュプリケーションを一元管理でき、DBと連携することで企業データのバックアップ、アーカイブ、配布、検索、盤面印刷などの機能を1つのソフトウェアで全自動で行なえる。光ディスクデュプリケーションを一元管理でき、企業ごとの業務形態や必要な機能に合わせ、ローコストからの導入を図れる。ユーザの業務実態に合わせて、「簡易版」「標準版」「究極版」が提供される。

 「簡易版」は、2種類のジョブ設定(普通ジョブ、フォルダ監視ジョブ)、多種のデータバックアップポリシー(全部、増量など)、最大2個のフォルダ同時監視(全自動化バックアップ用)、2種類のトリガー条件という4つの基本機能を備えているほか、超大データ自動分け、ディスクNo.自動生成、設備監視・サービス監視、盤面自動印刷、ディスク情報検索、リソース最適化、ユーザ認証という7つの標準機能を備えている。

 また、主なソリューション機能として、CSVファイルの自動/手動作成、データの差分/フルバックアップ、配布ディスクのオンデマンド複製、単一ファイルの分割・圧縮・復元や多ファイルの自動ディスク分け、DBと連携したディスク管理、DVD-ビデオデータのコピーガード、複数台パブリッシャーを接続した負荷分散、遠隔操作、書込完了後のソースデータの移動・削除、装置稼働状態のメール通知、パブリッシャーPCのリソース最適化、ディスク容量節約ポリシー、光ディスクの暗号化、ユーザ認証管理、多国語対応(日本語、中国語、英語)、本社・支社間のパブリッシャー設備のログデータ集中管理オプションを備えている。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 【arcserve Japan】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 マンガで読み解く!業界別「バックアップのお悩み解決法」 「ドンキ」に学ぶ、バックアップ時間の大幅短縮を実現した”超効率”術

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037211


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ