採用:プリマハムがグループの情報共有基盤にアリエル製品を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:プリマハムがグループの情報共有基盤にアリエル製品を採用


掲載日:2011/11/30


News

 アリエル・ネットワーク株式会社は、プリマハム株式会社が、グループの情報共有基盤としてWebコラボレーションウェア「ArielAirOne Enterprise」(アリエル・エンタープライズ)と、ビジネスアプリケーション「顧客対応管理アプリ」を採用したと発表した。

 プリマハムでは、グループの情報共有基盤として、10年以上にわたりNotesを利用してきたが、今後のグループ内コミュニケーション、上下間の意思疎通の礎になる次世代情報共有基盤を構築するために「アリエル・エンタープライズ」へのシステム刷新を決定した。他システムとの連携性向上や情報へのアクセス性向上など、情報共有の課題に対処し、グループの情報共有の迅速化を図る。また、業務に必要な各システムへのリンクをポータルに集約し、業務の起点として活用していくほか、「顧客対応管理アプリ」を活用し、顧客情報の一元管理を図る。

 従来、お客様相談室に寄せられた問い合わせや調査・対応依頼は関連部署にメール配信されていたが、「顧客対応管理アプリ」では、お客様相談室に寄せられる問い合わせの受付から対応完了までの全フローを一元管理できるため、顧客対応の迅速化、顧客満足度の向上を図れる。

 Notesで開発してきたアプリケーションも「アリエル・エンタープライズ」に移行する方針である。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EIP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EIP」関連情報をランダムに表示しています。

「EIP」関連の製品

Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】 Liferay Portal 【イージフ】 Discoveries InSite 【ディスカバリーズ】
EIP EIP EIP
メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 Microsoft Office 365 に含まれる SharePoint Online のアドオン製品。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037192


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ