日本クアンタム、バックアップ/アーカイブ/管理向け製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本クアンタム、バックアップ/アーカイブ/管理向け製品を出荷


掲載日:2011/11/30


News

 日本クアンタムストレージ株式会社は、バックアップ/アーカイブ/管理を行なうための、重複排除アプライアンス「DXi8500」、テープライブラリ「Scalar i6000」、一括管理/解析機能を提供するソフトウェア「Quantum Vision 4.1」を順次出荷する。

 「DXi8500」は、最大毎時8.8TBのインライン・パフォーマンスを備え、容量を320TBまで拡張できる。「DXi Accent」ソフトウェアを用いることで、重複排除処理の一部をメディア・サーバに分散できるため、バックアップ、ディザスタ・リカバリ、ダイレクト・テープ作成を行なう際のLAN/WANのトラフィックを削減できる。同社の「vmPRO」ソフトウェアに対応し、物理環境と仮想環境の両方を保護できる。繰返し実行のタスク管理を簡略化するスケジュール・ツールも備え、GUIを用いて、レプリケーションの管理、帯域幅のサービス品質の設定、ヘルス・チェック、領域の再利用などの機能のスケジュール管理を行なえる。

 「Scalar i6000」では、デュアル・ロボットが採用され、ライブラリの容量を減らさずにデータの継続的な可用性を提供できる。アクティブ・ボールト機能を備え、ボールトされたテープを安全に格納できるため、メディアの取り扱い作業が不要になり、アプリケーションのライセンス・コストを削減できる。データ整合性の自動チェック機能も備えている。また、動的プロビジョニングでは、非割り当てのスロットとメディアのプールを作成し、そのプールを任意のパーティションに対して使用可能にするため、データの増加の問題に対応できる。

 「Quantum Vision 4.1」では、「DXi8500」「Scalar i6000」など同社のすべてのディスクとテープ・システムに対する一括管理/解析機能が提供される。複数サイト向けのレポート機能が強化され、ディスクやテープの設置場所、複数システム、複数階層にわたる管理を統合できる。バックアップ・リソース全体を包括的に表示できるグラフィカルなステータス・レポートを利用できる。また、「Scalar」のドライブとメディアに関するクロスインデックス・データを表示でき、メディアの移動または置換えの必要性を示すユーザ定義のしきい値を使用したレポートを発行できる。解析グラフでは、「DXi」のレプリケーション、容量使用率、領域の再利用状況についても表示できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? 「ドンキ」に学ぶ、バックアップ時間の大幅短縮を実現した”超効率”術

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037191


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ