QlikTech、コラボ機能強化した情報分析プラットフォーム新版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


QlikTech、コラボ機能強化した情報分析プラットフォーム新版出荷


掲載日:2011/11/25


News

 クリックテック・ジャパン株式会社(QlikTech)は、情報分析プラットフォームの新バージョン「QlikView 11」の出荷を開始した。

 「QlikView 11」では、主にコラボレーション機能が強化され、他ユーザとの意見交換を促進し、より多角的な洞察(インサイト)に基づく意思決定を行なえる。“比較分析機能”が追加され、データ間の関連性から気づきを得る“連想体験”の向上が図られているほか、アプリケーション開発の簡素化と迅速化、「QlikView」の管理性能の向上、大規模エンタープライズ向けのセキュリティ機能の強化なども行なわれている。

 データの探索“Business Discovery”が、仲間や他人との共同作業を行なえるソーシャルなものになっている。この“ソーシャルBusiness Discovery”では、ライセンス未所有者もリアルタイムな双方向の共有セッションに招待できる、コラボレーションワークスペースでのセッション共有機能を備えているほか、分析の履歴をたどれるノート機能を備え、利用者は「QlikView」アプリケーションのコンテキスト内に直接コメントを書き込んだり、回答を記入できるようになった。

 利用者が「QlikView」アプリケーションで、複数の選択状態を維持したまま、比較分析できるようになり、異なる選択内容に基づいて、選択した複数のデータを比較できるため、傾向、外れ値、差異を検出できる。

 「QlikView 11 on Mobile」は、iOS、Android、Blackberryプラットフォームのタブレットに対して、「QlikView」のモバイル機能を提供する。新機能として、iPhoneやAndroid携帯電話などの小型のタッチスクリーンで、チャートやグラフを1つずつ最適に表示できる。大規模なエンタープライズ導入を視野に入れた拡張機能が強化され、コントロールの一元化を図れる。また、エンドユーザによるアプリケーション構築が簡素化され、簡単なプロセスでアプリケーションを作成できるほか、Microsoft Team Foundation Server(TFS)などの第三者のソースコントロール機能との統合を図れ、チームでの開発作業効率の向上を図れる。更に、レイアウトや分析機能が追加され、アプリケーションのデザイン強化を図れる。

 参考価格は、最小構成(1サーバライセンス+5ユーザライセンス)の場合で、250万円から。


出荷日・発売日 2011年11月24日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 セルフサービスBIの次の潮流「ビッグデータディスカバリ」が企業にもたらすもの 【ジャストシステム】 BIに完成形はない 全員で使いながら成長させていくことが成功への道となる「Actionista!」 【ジャストシステム】 3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは? 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
ETL機能搭載。複数データの統合・分析・レポーティングをこれ1つで実現できるオールインワンBIツール。
サーバライセンス型のため、大人数での利用も一定コストで可能。
日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。 セルフサービスBIの次の潮流「ビッグデータディスカバリ」が企業にもたらすもの Microsoft Excelを使ってデータ集計・分析をしている日本企業は非常に多いが、現場の担当者はそこに多くの不便を感じている。なのに、なぜBI活用に踏み出せないのだろうか 3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037143


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ