NRIなど、スマートフォンなどのモバイル端末管理サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRIなど、スマートフォンなどのモバイル端末管理サービスを提供


掲載日:2011/11/24


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)とNRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末を、安全に管理するための「モバイル端末管理サービス(Mobile Device Management:MDM)」の提供を開始する。

 「MDM」は、スマートフォンなどを業務で利用する企業が、モバイル端末を安全・効率的に管理するために利用できる。NRIグループでは、マルチOSやマルチキャリアへの対応を図ったほか、セキュリティの専門家による24時間、365日のサポートをオプションで提供する。

 iOS、Androidに対応し、キャリアも問わないため、スマートフォンからタブレット端末まで様々な端末を管理でき、企業が特定機種の端末を社員に配布する場合に加え、個人の端末を業務に利用する“BYOD(Bring Your Own Device)”方式にも利用できる。

 各端末にセキュリティ設定を配信できるほか、端末の状態をサーバで一元管理し、未許可のアプリケーションがインストールされているなどの不正端末を検出できる。端末の紛失・盗難時には、遠隔操作で端末の情報を消去(リモートワイプ)できるほか、GPS(Global Positioning System)機能を利用して端末の位置を把握できる。

 ユーザが開発したアプリケーションの配信・更新管理機能や、アプリケーションで利用するコンテンツ配信機能なども備え、モバイル端末の業務利用を容易に行なえる。Android端末では、ID取得が不要になる、通信方式を使用したMDMが開発されたため、端末管理者の負荷軽減を図れる。

 サポートでは、MDMの設定・運用を24時間/365日体制で行なう形態が用意され、端末の紛失・盗難時にリモートワイプを行なえるほか、紛失した時点から、リモートワイプ実行までの期間、セキュリティの専門家がVPN機器のログを解析し、社内への不正アクセスの有無を確認するといったサービスも提供される。JailBreak状況の一覧や、遠隔操作の依頼・実施履歴などの運用状況を月次でレポート提出するサービスも予定されている。

 端末の電源が切れていたり、リモートワイプ設定が解除されているなどの理由で、リモートワイプが実行できない場合に備え、端末のクライアント証明書を失効させ、会社のシステムにアクセスできなくする「端末認証サービス」もNRIセキュアが提供。MDMサービスを補完し、モバイル端末のセキュリティ対策強化を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

LanScope An Free 【エムオーテックス】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】 導入したMDMはペイできるのか? 費用対効果を徹底検証 【エムオーテックス】 スマートデバイス管理ツール LanScope An (iOS・Android・Win対応) 【エムオーテックス】 MDMからEMMへ、新たなスマートフォンの業務管理法 AirWatch 【ヴイエムウェア】
MDM MDM MDM MDM MDM
紛失・盗難対策に必要なパスワードポリシーやリモートロック・ワイプ機能をすべて網羅したツール。無料でスマートデバイスの紛失・盗難対策を実現(台数・期間無制限)。 スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。 分かりづらいMDMの費用対効果――コスト削減効果の計算法を公開 スマートデバイスの紛失・盗難対策に欠かせないリモートロック・ワイプ機能や位置情報取得のほか、資産管理、操作ログ取得など端末の管理・活用機能も搭載した新しいMDM。 スマートフォンやタブレットを活用する企業が増える中、その管理もより高度な内容が求められている。統合へ向かう管理ツールの未来とは? 企業が注目すべき潮流を探る。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037128


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ