OKI、スマホから社内情報を閲覧できるクラウドサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OKI、スマホから社内情報を閲覧できるクラウドサービスを提供


掲載日:2011/11/21


News

 沖電気工業株式会社(OKI)は、オフィスIT機器のトータルコスト削減を図れる、オフィスIT機器向けクラウド・LCMサービス群を「EXaaS SmartWorkspace」として展開、社内の情報やシステムをスマートフォンやタブレットから安全・簡単に利用できるクラウドコンピューティングサービス「EXaaS Mobile Deskサービス」の提供を2012年1月(予定)に開始する。

 「EXaaS Mobile Deskサービス」では、社外から必要な時に、タップ操作で社内のドキュメントやメール、スケジュールなどの情報を確認できるほか、指定したWebサイトの新着情報を確認できる。スマートフォンやタブレット内部にはファイルを残さずに、必要な情報を閲覧できる。

 認証、暗号化を利用して安全な通信を行なう“VPN接続機能”、端末の資産管理とセキュリティ管理を行なう“端末管理機能”を基本機能として搭載している。安全・簡単に社内情報を閲覧できる“マイノート機能”を備え、利用者は、必要なファイルやネット上の新着情報をひとまとめにして、クラウドサーバ上の“EXaaS Mobile Desk”にある利用者ごとの“マイノート”に格納、外出先でもスマートフォンなどで閲覧できる。タップ操作で必要な情報にアクセスできるため、簡単・迅速に利用できる。

 注目しているWebページのURLを登録することで、ページの更新内容が新着情報として収集、“マイノート”に蓄積され、外出先でも最新情報を即座に概観できる。紛失時の対処、不正アプリのダウンロード制限機能を提供する“端末管理機能”を備え、情報漏洩リスクの低減を図れるほか、オフィス内のIT機器導入から運用管理を行なう「EXaaS PC-LCMサービス」と連携することで、スマートフォンに加えオフィス内のPCを含めた資産管理も行なえる。

 既存業務システムの変更不要でスマートフォンと連携できる“業務システム連携機能”が提供され、スマートフォンを業務端末として利用するアプリケーションを短期間、低コストで開発・導入できる。また、社内のIP-PBXと連携し、スマートフォンやタブレットに、株式会社OKI ACCESSテクノロジーズが開発したソフトフォン「Com@WILLソフトフォンスマート」をインストールすることで、外出先から内線電話として直接社内と通話ができ、通話コスト削減や業務効率向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037081


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ