センチュリー・システムズ、ラックマウント型RADIUSサーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


センチュリー・システムズ、ラックマウント型RADIUSサーバを出荷


掲載日:2011/11/21


News

 センチュリー・システムズ株式会社は、大規模ネットワーク向けのラックマウント型RADIUSサーバアプライアンス「FutureNet RA-1200」の出荷を12月下旬に開始する。価格は190万円。

 「RA-1200」は、ギガビットイーサネットを2ポート備え、大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用できるほか、認証スイッチや無線LANアクセスポイント(AP)で行なうIEEE802.1x認証の認証サーバとしても利用できる。また、プライベートCA(認証局)機能を備え、IEEE802.1x認証に必要なデジタル証明書の発行から認証までの機能を実現できる。

 RADIUSサーバ機能では、RADIUSポートを標準で利用できるほか、任意のポートを設定することも可能。また、標準アトリビュートに加えベンダ独自のアトリビュート(VSA)を自由に追加できるため、NASやRAS、認証VLAN、SSL-VPNなどの製品と連携できる。更に、同一ユーザIDによるアクセス数制限機能を備え、多重ログインを防止できる。同時ログインを許す場合は、ログイン数の制限(最大9まで)が可能で、同一IDで無制限にアクセスを許可することもできる。

 RADIUSで標準的なPAP/CHAPに加え、認証スイッチのポートアクセス制御や無線LANのAPで利用されているEAP-MD5、EAP-TLS、EAP-PEAP、EAP-TTLSプロトコルに対応しているため、大量のユーザ認証を集中的に処理、一括管理できる。また、NTT地域会社のIP-VPNサービス「フレッツ・オフィス」「フレッツ・オフィスワイド」「フレッツ・VPNゲート」が提供する認証機能に対応していて、IP-VPNを構築する際に、拠点側ルータの認証に利用できる。

 同製品を親機、下位機種「RA-730」を子機として親子連携を行なえ、子機の故障時にはセンタの親機で認証を継続できるため、効率的なバックアップを行なえる。また、複数台によるActive-Active方式の冗長化をサポートしていて、1台(プライマリ)に障害が発生しても別の「RA」(セカンダリ)を利用して運用を継続できる。各「RA-1200」間でログ・セッション情報を同期できるため、負荷分散目的でも使用できる。

 Webブラウザで提供されるウィザード機能を利用し、ナビゲーションにしたがって項目を選択することで最低限必要な設定を簡単に行なえる。また、機能の設定は、Webブラウザを用いたGUI画面から行なえ、機能追加時などファームウェアの更新もWebブラウザから行なえる。


出荷日・発売日 2011年12月下旬 出荷
価格 190万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは? 【ジャパンシステム】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは? Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037069


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ