シャープ、蓄電池搭載の業務用バックアップ電源システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、蓄電池搭載の業務用バックアップ電源システムを発売


掲載日:2011/11/21


News

 シャープ株式会社は、蓄電池を搭載し、停電時でも電力を使用できる業務用のバックアップ電源システム「JH-AB01」の受注を11月30日に開始する。価格は68万4800円。

 「JH-AB01」は、幅440mm×奥行き706mm×高さ538mm/重さ約136kgで、太陽光発電システムの自立運転と組み合わせることで、電気機器に電力を供給できる上、蓄電池への充電も行なえる。停電を感知すると、蓄電池から電気機器に自動で電力供給を行なうほか、瞬間的な停電や電圧低下が発生した場合にも、PCやPOSシステムなどの電源をバックアップし、継続運転を図る。最大定格出力は1.4kWで、複数の電気機器を同時に使用できる。

 商用電力と太陽光発電システム自立運転からの2つの電源入力端子を備え、平常時は商用電力、停電時は太陽光発電システム自立運転からの発電電力を電気機器に供給できる。日中、太陽光発電システムの自立運転の発電電力が消費電力より大きい場合には、蓄電池に充電しながら、接続した電気機器に電力供給が行なわれる。曇天時など日照条件が悪く、自立運転の発電電力が消費電力より小さい場合には、蓄電池から接続した電気機器に電力供給が行なわれる。太陽光発電システムの自立運転の出力は天候により変動するものの、バックアップ電源システムを接続することで、日射量が不足する場合でも安定的な電力供給を行なえる。

 瞬間的な停電などの電力系統のトラブルが発生した場合も、接続した電気機器を停止させずに運転を継続できるため、PCなどの電気機器を接続して利用できる。配線用の出力端子台に加え、100Vサービスコンセントが2つ搭載され、携帯電話などポータブル機器の充電器を接続することもできる。

 太陽光発電システムでは、パワーコンディショナを“自立運転モード”に切り替えることで、停電時でも、最大1.5kW(AC 100V、最大15A)の電力を利用できる(昼間の太陽電池モジュール発電時のみ)。


出荷日・発売日 −−−
価格 68万4800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037067


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ