I-Oデータ、転送速度約90MBpsのシングルドライブモデルNASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、転送速度約90MBpsのシングルドライブモデルNASを出荷


掲載日:2011/11/18


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、転送速度約90MBps(Read時)の高速アクセスを達成したLAN接続型ハードディスク(NAS)で、シングルドライブモデルの「HDL-A」シリーズの出荷を12月上旬(予定)に開始する。

 「HDL-A」シリーズは、高速CPUを採用したことで、USB 2.0を超える高速転送を達成しているほか、スマートフォンからのアクセスにも対応し、iPhone、iPad、iPod touchやAndroid端末からもインターネットを通じて文書ファイルなどを閲覧できる。アプリを使わない、ブラウザベースのアクセス方式なので、インストールやアップデート不要で、新しく発売されたスマートフォンやOSにも対応できる。

 保証期間は3年(ハードディスクは1年)の長期保証と希望により有償保守サービスに加入できる法人向けモデル「HDL-AH」シリーズも用意されている。

 価格は、容量1TBの「HDL-AH1.0」が2万7400円、容量2TBの「HDL-AH2.0」が3万2800円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

AI技術と自動化でデータセンターの運用はここまで「自律化」する 【日本ヒューレット・パッカード】 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能 【日本ヒューレット・パッカード】 仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避 【富士通+他】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
IoTとAIを活用したITインフラの予防保全と運用自動化に10年近く取り組んでいるエンジニアに、これからのデータセンターの話を聞いた。 ダイハツ工業事例:仮想化環境刷新 オールフラッシュストレージの効果 仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037057


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ