ラネクシー、画像処理ソフトウェア開発キットの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラネクシー、画像処理ソフトウェア開発キットの新版を発売


掲載日:2011/11/17


News

 株式会社ラネクシーは、米国Pegasus Imaging社が開発した画像処理ソフトウェア開発キットの新版「ImageGear for .NET V19 日本語版」と「DICOMGEAR for .NET V19 日本語版」を発売した。

 「ImageGearファミリー」は、文書管理や地図システム、電子カルテシステムを中心に利用されている画像処理SDK。今回の新版では、UIを簡単に作成できるWPFコンポーネント、Wordのサポート、バーコード認識機能の統合、RAWフォーマットでの対応カメラの追加、アノテーション機能の改良、日本語、中国語、韓国語対応のOCR機能のサポートなどの新機能が追加された。

 WPFコンポーネントは、構成可能なコンテキストメニュー、構成可能なツールバー、拡張WPFページビューコントロールの提供(簡易コントラスト調整機能など)を備えている。Wordのサポートでは、DOCX形式のデータを画像やPDFと同じビューアでビューイングできるようになったほか、DOCX形式データにWord不要でアクセスでき、Word文書へのアノテーションを行なえる。

 Barcode認識・生成では、Barcode Xpressを統合したImageGear APIを備えている。新しいアノテーション機能の追加と改良が行なわれ、現アノテーション機能のカスタマイズを行なえるほか、取り消しを行なうためのロールバック機能が追加された。OCR機能では、日本語、中国語、韓国語のサポートが行なわれたほか、Unicodeを使用したPDF作成機能が追加された。「DICOMGEAR」では、DICOM機能が更新され、2009年版規格準拠のDICOMメタデータディクショナリーが追加された。

 「ImageGear for .NET V19 日本語版」の価格は、開発キットが38万円、年間保守料が24万8000円、「DICOMGEAR for .NET V19 日本語版」は、開発キットが43万9000円、年間保守料が28万9000円。


出荷日・発売日 2011年11月16日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PDFソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDFソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「PDFソフト」関連の製品

PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】
PDFソフト
日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037039


IT・IT製品TOP > PCソフト > PDFソフト > PDFソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ