日本HP、Hyper-Vに最適化された仮想基盤アプライアンスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、Hyper-Vに最適化された仮想基盤アプライアンスを発売


掲載日:2011/11/17


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、Microsoft Hyper-Vに最適化された仮想基盤アプライアンス「HP VirtualSystem for Microsoft」を発売した。

 「HP VirtualSystem for Microsoft」は、サーバ・ストレージ・ネットワーク製品で構成され、マイクロソフトの推進する“Hyper-V Cloud Fast Track”に準拠した検証済みシステム構成として提供される。また、HPの運用管理ツール「HP Insight Control」とマイクロソフトのITシステム管理・運用ツール「System Center」を連携でき、ハードウェアから仮想OS/Windowsアプリケーションまでを一元管理できる。

 これらのハードウェア/ソフトウェア製品が、ワンストップの導入/構築サービスとあわせて提供され、仮想化に対応した迅速な故障対応といった保守サポートも一元化されている。これにより、仮想化テクノロジー導入時の複雑な組み合わせ検討の時間を短縮でき、仮想基盤として事前に両社で検証された製品群をより短時間に導入・利用開始できる。

 サーバ2ノードなどを組み合わせた「HP VirtualSystem VS1」と、サーバ6ノードなどを組み合わせた「HP VirtualSystem VS2」の2つのタイプが用意されている。


出荷日・発売日 2011年11月16日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Windows」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows」関連情報をランダムに表示しています。

「Windows」関連の製品

限られた空間に演算能力を凝縮する NeXtScale System 【レノボ・ジャパン株式会社】 「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル 【日本マイクロソフト】 Windows Server 2012 【日本マイクロソフト】 System x3550 M5 【レノボ・ジャパン】
Windows Windows Windows Windows
ハイエンドな3DCG制作で、舞台裏を支えるITインフラの正体 「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル ●クラウド技術を搭載した、仮想化/クラウド対応の最新WindowsサーバーOS。
●「Windows Server 2008 R2」をベースに、180以上に及ぶ機能強化を果たしている。
あらゆるワークロードを加速するパフォーマンス、信頼性、及び、セキュリティを備えた、強力でコンパクトな2ソケットの1Uラック・サーバ。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20037026


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ