テクマトリックス、コンタクトセンタCRMシステムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テクマトリックス、コンタクトセンタCRMシステムの新版を発売


掲載日:2011/11/14


News

 テクマトリックス株式会社は、コンタクトセンタCRMシステムの新バージョン「FastHelp 4.11」を発売した。

 「FastHelp」は、コンタクトセンタ運用ノウハウを集約したコンタクトセンタCRMのベストプラクティス。今回の「FastHelp4.11」では、操作性と機能の向上を図っている。

 “ワークフロー機能”が追加され、顧客からの問い合わせ(事案)の内容に応じてワークフローを複数定義でき、事前に設定されたワークフローを利用することで、社内の部門を横断するような事案処理の業務効率化と事案処理漏れ防止を図れる。“危機管理機能”が追加され、あらかじめ指定した危機管理キーワード(NGワードなど)が登録されると、管理者・経営者などに自動的にアラート通知が行なわれ、コンタクトセンタに寄せられる顧客の声から、危機の予兆察知を図れる。

 “メール反響分析機能”が追加され、一斉配信したメールの開封確認・クリック確認・Webサイト誘導後の足跡履歴のログ取得を行なえ、配信メールに対する顧客の反響を自動的に集計・解析することで、メール配信業務の効率化を図れる。“HTMLメール機能”が強化され、HTML形式のメール送受信を行なえる。返信・転送を行なう場合、テキスト形式かHTML形式を選択できるほか、HTML形式を返信する場合、専用のHTML編集エディタを利用することで短時間でHTMLメールを作成できる。

 ユーザ向けの画面カスタマイズ機能が強化され、画面ごとにより細かい項目設定を行なえるため、業務に応じた画面設定をより柔軟に行なえる。また、ログインアカウントのロック処理、認証方式の判定処理(標準のログイン認証またはLDAP認証)、パスワード有効期限チェック処理など、情報セキュリティ機能が強化された。

 他システムへのデータ連携機能が強化され、複数の出力ファイル定義とファイル作成スケジュールを設定でき、「FastHelp」に登録されたデータを、連携プログラムの開発不要で他システムに連携できる。LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)を利用して、「FastHelp」ログインユーザの認証処理を行なえるほか、検索対象のコールを一括で完了処理状態にしたり、削除したりする機能など、スーパーバイザーなど管理者の業務支援機能が強化された。また、CentOSとPostgreSQLに対応した。


出荷日・発売日 2011年11月11日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036969


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ