NTTデータ、カード取引の本人確認をより高度化するサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、カード取引の本人確認をより高度化するサービス提供


掲載日:2011/11/11


News

 株式会社NTTデータは、カード決済総合ネットワークシステム「CAFIS」で、カード取引の本人確認をより高度化する「CAFIS属性認証サービス」を開発、2012年春に提供を開始する。

 「CAFIS属性認証サービス」は、インターネット上でカード決済を行なう際に、クレジットカードの基本情報“クレジットカード番号”“有効期限”に加え、本人しか知り得ない“属性項目”を同時に認証することで、本人確認性をより強固にするサービス。従来のオーソリ中継時に、カード会員がカード会社に登録している情報の一部(属性項目)を同時に中継することで、本人確認性の向上を図れる。

 3Dセキュアなど、他の本人確認手段とも併用できるため、加盟店の利用シーンや販売チャネルに応じて利用でき、様々な業種で利用できる。また、同サービスを利用する際に必要になる、カード会社・加盟店の対応準備に関しても、従来取引と併用できる提供方式を採用することで、対応可能な時期に合わせて利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

“情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 AXIOLE 【ネットスプリング】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 NeoFace Monitor 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
情報漏えい対策、内部の対策は後回し? ――データセキュリティの鉄則と秘策 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036945


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ