日本オラクル、クラウド機能IT管理ソリューションを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、クラウド機能IT管理ソリューションを拡充


掲載日:2011/11/11


News

 日本オラクル株式会社は、オラクル製品群の管理と、エンタープライズ・クラウドの導入から運用までのライフサイクル管理全体を組み合わせるIT統合管理ソリューション「Oracle Enterprise Manager 12c」の国内提供を12月6日に開始する。

 「Oracle Enterprise Manager 12c」は、IT管理アプローチをベースにした統合運用管理ソフトウェアで、仮想化やクラウド環境などの効率と性能の向上を図りながら、コストの削減やシンプルな運用を図れるほか、システムの管理が「Oracle Enterprise Manager Cloud Control」に一元的にまとめられ、クラウドのライフサイクル全体を管理する機能を装備している。

 「Oracle Fusion Applications」など向けに、新しい統合型“アプリケーション・ツー・ディスク”管理機能が追加されたほか、「Oracle VM 3.0」上に構築された新しい仮想化管理やクラウド・リソース管理機能も導入されている。また、「Oracle PartnerNetwork」から利用できる、新しいパートナー・リソースの拡張機能や、オラクル以外のコンポーネント向け管理機能も導入された。

 クラウド計画ツールを備え、システム設計者やクラウド管理者がリソースを有効活用するために、クラウド環境をモデル化できる。共有プールやシステム・リソースを自動設定でき、クラウド管理者が、ITリソースの一元管理、リソース利用に関するルール、特権、ポリシーの定義を行なえる。

 アプリケーション開発者などが、クラウドに可視的にアクセスでき、利用者は、セルフサービス・ポータルを利用して、カタログ情報からのサービスの発注、リクエストされたサービスの管理・監視、チャージバックの情報を入手できる。包括的なメータリングやチャージバックが提供され、サービス利用料や料金を測定でき、あらかじめ設定された「Oracle Communications Billing and Revenue Management」と統合することで、包括的な請求書発行機能が提供される。

 「Oracle VM 3.0」と統合することで、VM、リソース・プール、リソース・ゾーンを組み込んだクラウド環境の自動的な計画やプロビジョニングを行なえるほか、「Oracle Virtual Assembly Builder」と統合することで、セルフサービス利用者向けに、複雑なマルチティア・アプリケーションのモデル化とパッケージングが支援される。

 また、オラクル・テクノロジー向けに、様々な自動機能が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール 【株式会社日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社】 ハイブリットクラウド運用における課題…根本的解決を図るには? 【ネットワンシステムズ/日本CA】 障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス 【イーツ】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール 面倒なハイブリットクラウド運用…“根本的解決”の進め方とは? 障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036942


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ