大塚商会、モバイルアクセスソリューションをiPadから利用可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


大塚商会、モバイルアクセスソリューションをiPadから利用可能に


掲載日:2011/11/11


News

 株式会社大塚商会は、在宅勤務などにも利用できるモバイルアクセスソリューション「オフィストンネリングキット」をiPadからでも利用できるようにし、12月初旬に提供を開始する。

 「オフィストンネリングキット」は、専用のUSB認証キーとインテルvProテクノロジー搭載PCを利用し、社外からセキュリティを確保した状態で職場のPCを自動的に起動でき、リモートコントロールまで簡単に行なえるリモートアクセスキット。今回、「オフィストンネリングキット」で提供されるUSB認証キーに入っているものと同じデジタル証明書をiPadに入れることで、iPadからでも職場のPCを起動させ、遠隔操作を行なえるようになった。

 外出先から社内の自席PCにリモートアクセスするために必要なログインや、パスワードを利用した認証に加え、PKI(公開鍵基盤)認証を標準で装備しているため、なりすましなどの不正アクセスを排除したセキュアで堅牢なリモートアクセスを行なえる。また、iPadの操作でも、ファンクションキーに対応するなど、WindowsPCの操作に適したソフトキーボード機能が用意されているため、違和感なく職場で使用している業務ソフトをそのまま操作でき、外出先などで利用するために、業務ソフト自体をカスタマイズする必要もない。

 「オフィストンネリングキット」の価格は個別見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 「オフィストンネリングキット」:個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「リモートアクセス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「リモートアクセス」関連情報をランダムに表示しています。

「リモートアクセス」関連の製品

リモートアクセスサービス 「Soliton SecureBrowser サービス」 【ソフトバンク コマース&サービス】 リモートデスクトップサービス 「AnyClutch Remote」 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド型リモートデスクトップソフト 「Splashtop Business」 【ソフトバンク コマース&サービス】 遠隔データ消去 クラウドサービス 「TRUST DELETE Biz」 【ソフトバンク コマース&サービス】 セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】
リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス リモートアクセス
VPN機能内蔵のセキュアブラウザにより、「社内へのリモートアクセス環境」「クラウドアクセスのセキュリティ強化」「端末からの情報漏えいの防止」の3つを同時に実現。 スマートフォンやタブレット(Android OS/iOS)、モバイルPCなどで、外出先からいつでも会社や自宅のPCを安全かつスピーディーに遠隔操作できるリモートアクセスサービス。 世界累計1400万ダウンロードを記録している大人気の画面転送アプリ「Splashtop」のビジネス版。自席PCの画面をiPadなどへ高速転送。外出先からでも会社のPCを操作できる。 盗難・紛失したモバイルPC・タブレットのデータを遠隔消去できるクラウドサービス。ロック機能や位置情報取得機能なども装備し、情報漏えいのリスクから企業を守る。 3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036941


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > リモートアクセス > リモートアクセスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ