富士通SSL、二要素認証を行なうスマートフォン認証強化製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通SSL、二要素認証を行なうスマートフォン認証強化製品発売


掲載日:2011/11/11


News

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、スマートフォンからイントラネットへのリモートアクセス認証を強化するソフトウェア製品「SHieldMobile」を開発、Android OS搭載機版を12月1日に、iPhone/iPad版を2012年2月1日に発売する。

 「SHieldMobile」では、ユーザIDとパスワードを使用した認証に加え、端末の機体識別情報を利用した二要素の認証を行なうことで、スマートフォンから社内のイントラネットに接続する際のセキュリティ強化を図れる。不可逆変換した機体識別情報を認証に利用することで、プライバシーに配慮している上、ID/パスワードだけで認証する場合の推測やなりすましなどを防止でき、安全なリモートアクセス環境が提供される。また、スマートフォンを紛失した場合は、サーバ側で機体識別情報を消去することで、ユーザ単位ではなく端末単位でリモートアクセスを遮断できるため、ビジネスシーンでのスマートフォンの活用を、より安全に行なえる。

 リモートアクセス環境でのSSL-VPN機器は、スマートフォンを含め様々な端末に対応、ジュニパーネットワークス製SSL-VPN製品「Juniper Networks SA」シリーズや「Juniper Networks MAG」シリーズとの連携動作が確認されていて、両製品を連携導入することで、更に強固なスマートフォンでの端末認証を図れ、セキュアなリモートアクセス環境を構築できる。

 サーバライセンス(SSL-VPN装置に対して認証サーバ1台の場合)の価格は、「SHieldMobile」基本パッケージが78万7500円、年間保守費が15万7500円(いずれも税込)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 【日本マイクロソフト】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 患者データの共有で研究を促進、米国医療・研究機関に学ぶ認証基盤のシンプル化 【Auth0】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 患者データの共有で研究を促進、米国医療・研究機関に学ぶ認証基盤のシンプル化 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036935


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ