日立、「BS2000」と「SAP HANA」組み合わせたアプライアンス出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、「BS2000」と「SAP HANA」組み合わせたアプライアンス出荷


掲載日:2011/11/10


News

 株式会社日立製作所(日立)は、大量データの高速検索、リアルタイム分析などで高い処理性能を備えた「日立インメモリDBアプライアンス for SAP HANA」の出荷を12月26日に開始する。価格は、1827万2600円から。なお、グローバルでは、日立データシステムズ社(HDS)が、「Hitachi Converged Platform for SAP HANA」の名称で提供する。

 「日立インメモリDBアプライアンス for SAP HANA」は、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS2000」に、メモリ上で高速なデータ処理を行なえる、SAPのインメモリソフトウェア「SAP HANA」を組み合わせて製品化されたアプライアンス製品で、大量データの効率的な検索やリアルタイム分析を行なえ、企業の迅速な意思決定や適切な事業戦略の策定を支援する。

 複数のサーバを1つのシャーシに搭載できるブレードサーバの特長を活用して、会計、販売、生産、人事などのERPシステムや、データのバックアップシステムといった周辺システムを同製品と同一のシャーシに統合することで、高信頼なシステムを高集積、省スペースに構築できる上、システム全体の統合管理を容易に行なえる。また、「BS2000」は最大4枚のサーバブレードを結合し、1台のサーバとして利用できるサーバブレード間SMP機能を搭載しているため、小規模な構成で初期導入し、業務処理量やデータ量に応じて結合するサーバブレード数を増やすことで、プロセッサ性能やメモリ容量を拡張できるため、初期投資を無駄にせずにシステムを拡張できる。

 また日立は、同製品の導入サービスを提供するほか、同製品の検証施設を“日立-SAPコンピテンスセンター”内に設置、同製品のコンサルティングや事前検証などを行なえる。


出荷日・発売日 2011年12月26日 出荷
価格 1827万2600円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Actionista! 【ジャストシステム】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】
BI BI BI BI BI
簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 BI導入は“使いたい”と思わせないと失敗する 役員も納得のBI活用の軌跡 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036918


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ