日本IBM、基幹系のデータをリアルタイムで分析するソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、基幹系のデータをリアルタイムで分析するソフトを出荷


掲載日:2011/11/10


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、基幹システム上のデータをリアルタイムで分析するソフトウェア「IBM DB2 Analytics Accelerator for z/OS V2.1」(IDAA)の出荷を11月25日に開始する。

 「IDAA」は、銀行のオンライン業務に代表されるような勘定系・基幹系システムである「IBM zEnterprise System」と、情報分析業務のようなビジネス・アナリティクス処理に利用できる「IBM Netezza 1000」を連携するソフトウェア。様々な種類のDB処理を自動的に最適化できる。具体的には、ユーザが端末から照会の実行要求を出すと、「IDAA」が要求内容を判断し、例えば、銀行振込のようなオンライン処理はSystem z上で稼働するDB2へ、月単位や年単位の売上データ集約や分析はNetezzaへ、のように自動的に適切なシステムへ処理を振り分ける。これにより、処理の時間を短縮できる。

 売上情報などSystem zが保持する基幹系システムのデータを常にNetezzaと同期できるため、企業の経営層や分析業務を行なうユーザは常に最新の経営情報に基づいて判断でき、リアルタイムな経営意思決定を支援する。

 複数の分析用サーバをIDAAに統合することでシステムやサーバ数を削減でき、インフラのコスト削減を図れる。また、トランザクション処理・分析処理という2つの異なる業務処理を一元管理できるほか、アプリケーションやDBのチューニング作業が不要になるため、運用管理が容易になる。

 価格は、560万円(Netezza 1Sブレードあたり)から。


出荷日・発売日 2011年11月25日 出荷
価格 560万円(Netezza 1Sブレードあたり)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 Actionista! 【ジャストシステム】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】
BI BI BI BI BI
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 BI導入は“使いたい”と思わせないと失敗する 役員も納得のBI活用の軌跡 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036908


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ