リコージャパン、Exchangeなど向け改修/機能拡張サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコージャパン、Exchangeなど向け改修/機能拡張サービスを提供


掲載日:2011/11/09


News

 リコージャパン株式会社は、日本マイクロソフト株式会社のグループウェア「Microsoft Exchange/SharePoint」のシステム改修や機能拡張を行なう「.NET環境 リフォームサービス」の提供を開始した。

 「.NET環境 リフォームサービス」では、既存のグループウェア環境を有効に活用しながら、更に使いやすく効果的なシステムへの改修を図る。申請業務を効率化するワークフローの構築やモバイル(スマートフォン)対応、災害対策など、20種類のサービスメニューが用意され、使いやすいインターフェースで提供される。また、ユーザの課題やニーズを“改善ニーズチェックシート”を用いて明確化し、“業務プロセス改善”“活用度の向上”“操作性の向上”などの項目に分類してリフォーム内容を検討する。

 これにより、“紙で処理している各種申請業務を電子化したい”“スマートフォンと連携した情報インフラを整備して営業力の強化を図りたい”“災害時のシステム停止リスクを軽減したい”など、経営環境の変化やワークスタイルの変化にともなう経営課題への対応を図れる。

 例えば、稟議関連業務を電子化する場合、業務効率向上や情報共有・活用を促進するためのコンテンツを簡易・短期間で作成するために、ワークフロー作成ツール「R@bitFlow」を利用して稟議関連業務を電子化する機能が拡張される。また、業務の変化に柔軟・短期間で対応するための操作教育が併せて提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 【 日本マイクロソフト】 “ほぼ1情シス”のお悩み解決!グループウェア管理の負担を解消 【リスモン・ビジネス・ポータル】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 332万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036884


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ