富士通SSL、中規模向けのFAXサーバソフトをアナログ回線にも対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通SSL、中規模向けのFAXサーバソフトをアナログ回線にも対応


掲載日:2011/11/07


News

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、中規模向けのFAXサーバソフト「FaxFactory」で、従来のISDN回線に加え、アナログ回線対応版を12月15日に発売する。

 「FaxFactory」では、オフィスの複合機、FAX機の回線をサーバに集約することで、ネットワークに接続されたPCからFAXの送受信を行なえる。PCで作成した書類を印刷不要で直接FAX送信できる上、受信したFAXも印刷不要でPCで閲覧できるため、FAX業務の効率化とコスト削減を図れる。また、紙の紛失や置き忘れ・取り忘れによる情報漏洩の防止も図れる。

 今回、従来のINSネット1500、INSネット64回線に加え、アナログ回線に対応を拡大することで、既存の回線契約の変更不要で、低コスト・短期間でFAXサーバを導入できるほか、1時間に120枚程度のFAX送受信を行なえ、Linux上で動作するため、様々なオープンソースソフトウェアと連携させられる。

 今後は、IP回線や仮想環境への対応に加え、OCR機能の追加などが予定されている。


出荷日・発売日 2011年12月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036855


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ