コンテックス、CCD方式/CIS方式の大判スキャナ計6機種を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンテックス、CCD方式/CIS方式の大判スキャナ計6機種を出荷


掲載日:2011/11/04


News

 コンテックス スキャニング テクノロジー ジャパン エーエス(コンテックス)は、CCD方式スキャナ「HD ULTRA」シリーズ4機種と、CIS方式スキャナ「SD36」シリーズ2機種、マルチPDF/マルチTIFFに対応するなど強化されたソフトウェア「Nextimage2.0」の出荷を11月下旬(予定)に開始する。

 「HD ULTRA」シリーズは、薄手の図面から厚手のカラフルなポスターまでをスキャニングできる、プロ向けのCCD方式大判スキャナで、今回、A0サイズ/B0サイズで、スキャンスピードが異なる4機種が用意されている。プロフェッショナル用として様々な分野で利用でき、スキャン品質に優れている上、用紙ハンドリング、大容量データ転送の改良などが行なわれている。

 光学解像度は1200dpiで、カラースキャンスピードは「HD ULTRA 3690i+/4290i+」で毎秒152.4mm。用紙ハンドリング機構として、用紙圧力調整機能(ペーパープレッシャーアジャストメント)、漏斗型用紙挿入口(フレックスフィード)、用紙返しガイド(ペーパーリターンガイド)を備えている。また、MFPスタンド、用紙排紙テーブル&スタッカに対応している。

 「SD36」シリーズは、技術資料や地図、各種図面のスキャニング業務に適したCIS方式タイプで、今回、A0サイズ対応の2機種がラインアップされた。MFPソリューションとしての使用に配慮して、既存製品に比べ奥行き/幅を抑え、A1プリンタからA0プリンタとの組み合わせに比べ、より一体感が得られるような筐体を採用している。光学解像度は1200dpiで、カラースキャニングスピードは「SD3690+」で毎秒76.2mm。MFPスタンドに対応する。

 また、スキャンソフトが「Nextimage2.x」にメジャーアップグレードされ、既存の使い勝手はそのままに、新たにマルチPDF、マルチTIFF、アカウンティング機能対応版がリリースされる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036837


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ