日本アビオニクス、紙とペンで画面に書き込めるプロジェクタ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本アビオニクス、紙とペンで画面に書き込めるプロジェクタ出荷


掲載日:2011/11/04


News

 日本アビオニクス株式会社は、プロジェクタ機能に加え、専用紙とデジタルペンを使って画面に書き込みを行なえる“インタラクティブ機能”を備えた新製品「iP-03P」「iP-02P」の出荷を11月中旬に開始する。価格はオープン価格。

 両機種とも、製品に添付された専用紙(インタラクティブシート)にデジタルペン(ボールペン)で記入した内容を、プロジェクタでスクリーンへ表示している画面に重ね書きできる。スクリーンから離れた位置から、あるいは席に座ったままでも書き込める。書き込んだ内容はPCデータとして保存できる。PC上で白紙画面を表示して書き込めば、ホワイトボードの代わりとしても使用できる。また、オプションの専用スクリーンを使えば、投映しているスクリーン上にも書き込め、電子黒板としても利用できる。

 315万画素の書画カメラ(資料提示装置)を内蔵していて、本体上部のガラス面に置いた資料や立体物を大画面へ映し出せる。また、読み取った画像を、無線LAN機能を備えたPCへボタン操作で転送でき、書き込みを行なえる。

 一般のプロジェクタと同様、PCやビデオ・DVD機器も接続できる。書画カメラでの投映、PC画面、ビデオ・DVDをボタン操作で切り替えてスムーズに表示できる。スクリーンの斜め前から投映した際に発生する画面の台形歪みを、縦方向/横方向とも広範囲に補正できるほか、画面の4隅それぞれの位置の補正も簡単に行なえるため、スクリーンの正面以外にもプロジェクタを設置でき、会場セッティングの自由度を拡大できる。「iP-03P」は明るさ3500ルーメン、「iP-02P」は3000ルーメンで、広い会場や大きなスクリーンでも、部屋の灯りをつけたままでも、鮮明な映像を得られる。

 PCで作成した資料をUSBメモリに保存し、表示できるほか、書画カメラで投映した資料もUSBメモリに保存・再生できる。また、冷却ファンの排気孔をプロジェクタの前面に配置しているため、排気が参加者に直接あたりにくい設計になっている。

 ワイド映像対応、ダイレクトパワーオフ、ポインタ機能、静止画機能、スピーカー内蔵、黒板モードなど、便利で使いやすいプレゼンテーション支援機能を備えている。


出荷日・発売日 2011年11月中旬 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036821


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ