DTI、仮想専用サーバサービスに東京-大阪間のバックアップを搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DTI、仮想専用サーバサービスに東京-大阪間のバックアップを搭載


掲載日:2011/11/02


News

 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、仮想専用サーバサービス「ServersMan@VPS」の、10月度定例アップデートを行なった。

 今回のアップデートは、“可用性の向上”をテーマに行なわれた。フリービットグループが新たに大阪仮想データセンタを開設したことにともない、その利便性を活用して、東京/大阪の物理的な2拠点を利用したディザスタリカバリ(退避先の確保)環境が搭載された。東京-大阪間は、大容量専用線が用意されているため、拠点間バックアップを専用線経由でセキュア・高速に行なえる。また、煩わしい設定が不要なクリック操作で、高クオリティのディザスタリカバリ機能が提供される。

 「Entry」「Standard」「Pro」の3つの商品ラインアップに加え、利用できるセンタも、東京、大阪、または東京&大阪から選択できる。また、データセンタ間のデータ同期機能(β版)が提供され、東京&大阪の2拠点で「ServersMan@VPS」を利用しているユーザに、両拠点間でのデータ同期機能が提供される。ユーザ用の管理画面“MyDTI”から設定するだけで簡単に2拠点間でのデータの同期が行なわれ、どちらか一方で更新作業を行なうだけで、冗長化された環境が用意される。

 独自ドメインの管理に、「UbicName」を利用しているユーザには、複数の「ServersMan@VPS」に対してラウンドロビン設定を行なえる機能が提供される。“MyDTI”から1つのドメインに複数のIPアドレスを登録できるため、負荷分散/冗長構成に利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 「重複排除+容量課金」でコストを大幅削減、サーババックアップの新機軸とは 【ねこじゃらし】 ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 サーババックアップは「重複排除+容量課金」コスト大幅削減、災害対策もできる この会社は仮想環境の障害対策で「十分に満足」な体制をどう構築したのか 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036806


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ