リンクなど、アプリ不要でiPhone 4Sをビジネスフォン利用可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リンクなど、アプリ不要でiPhone 4Sをビジネスフォン利用可能に


掲載日:2011/11/02


News

 株式会社リンクは、クラウド型IPビジネスフォンサービス「BIZTEL」と、KDDI株式会社が提供する法人向け音声定額FMCサービス「KDDI ビジネスコールダイレクト」を連携させ、auから発売されているiPhone 4Sにアプリをインストールせずに、そのままビジネスフォンとして利用できるようにした。

 今回の連携では、パーク保留や転送のほか、03・06・050番号での着信、ピックアップ(代理)応答、営業時間外応答、ボイスメール、不在対応の音声ナビゲーション(IVR)といった様々なビジネスフォン機能を利用できる。SIP(Session Initiation Protocol)アプリと異なり、バッテリの消耗を抑えられるほか、通話中に他のアプリを利用することもできる。また、iPhone 4S本来の通話機能を利用するため、通話品質の安定性に優れている。

 iPhone 4Sを用意することで導入できるため導入コストを抑えられるほか、内線数40件までは追加料金が発生せず運用コストも削減できる。導入時の工事や煩雑な設定作業が不要で、申し込みから8営業日で利用を開始できる。また、iPhone 4Sに加え、au端末全機種で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

低コストで始められる「スマートフォン内線化」の仕組みとは―― 【NTTコミュニケーションズ】 トラスティルグループの事例から、在宅勤務実現のヒントを探る 【NTTコミュニケーションズ】
IP-PBX IP-PBX
担当者が外出中で電話対応できないなど、知らぬ間に陥っている機会損失をクラウド型サービスとスマートフォンの活用で解消する方法がある――ビジネスフォンのアプリ化だ。 在宅勤務制度を自社にどう取り入れるか悩む企業は多い。新たな取り組みゆえに対応すべきことも多岐にわたる。そこで参考になるのが、ある士業グループの取り組みだ。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036788


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ