Skeed、高速ファイル転送ソフトウェアを機能強化、DRにも対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Skeed、高速ファイル転送ソフトウェアを機能強化、DRにも対応


掲載日:2011/10/27


News

 株式会社Skeedは、機能を強化した高速ファイル転送ソフトウェア「SkeedSilverBullet Business」の出荷を11月1日に開始する。価格はオープン価格。

 「SkeedSilverBullet Business」は、品質が不安定なグローバルネットワーク環境で、大容量ファイルの授受を高速に行なえるファイル転送性能に加え、ファイルレプリケーション機能やサーバ間連携機能、外部システム連携機能、管理機能といった、ファイル連携システムに求められる機能を備えている。

 今回の機能強化では、グローバルでのファイルレプリケーション機能やサーバ間連携機能、外部システム連携機能、ユーザ認証機能、Web Browser経由で利用できるシステム管理、リモートファイル転送機能など、BtoBのシステム連携に求められる機能を装備していて、クラウド環境とのデータ授受や、DR(Disaster Recovery)対応でのグローバルバックアップといった用途にも適用できる。

 グローバルファイルレプリケーション機能では、ネットワーク距離や品質を気にせずに、グローバルな異なる2拠点間で、ディレクトリ構造を意識しながら、ファイル群の差分情報を検出し、同期できる。多数ファイルを効率的に扱えるSSBP(SkeedSilverBullet Protocol)と組み合わせて活用することで、例えばDR対応として、海外拠点に設置しているファイルサーバに、円滑なバックアップの立ち上げと継続した運用を図れる。

 システム管理機能は、Webベースの、ユーザ管理機能、各種モニタリング(サーバ動作、システムリソース、システムログ、セッション、転送処理)、管理機能で、システム負荷状況を把握できるほか、ファイル転送先サーバの指定や転送プロセス管理、統制対応に求められるユーザ別操作履歴の把握を行なえ、遠隔地からのサーバ間リモートファイル転送指示も行なえる。

 システム連携機能では、外部システムから、ファイル転送時に必要な各種操作や転送速度の指定、サーバ管理機能の操作を行なえるように、REST APIが用意されている。また、ユーザ認証機能では、同製品が備えている簡易内部DBに加え、LDAP(Active Directoryに対応)やKerberos認証といったシングルサインオンに対応するほか、メールシステムとの連携を想定しPOP3/IMAPにも対応しているため、外部システムからの、SSBPを使用したファイル転送処理やサーバ管理、外部の認証システムと連携したユーザ認証を行なえる。


出荷日・発売日 2011年11月1日 出荷
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

クラウドバックアップサービス 【NEC】 Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 リスク管理を統合する「事業継続マネジメント」の7つのポイント 【日本アイ・ビー・エム】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例 事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036722


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ