インテリジェントワークス、PC操作監視ツールなどをアップデート

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテリジェントワークス、PC操作監視ツールなどをアップデート


掲載日:2011/10/27


News

 株式会社インテリジェントワークスは、Macintosh/Windowsクライアント対応の内部統制ツールで、PC操作監視や資産管理、USBメモリのデバイス制御を簡単に行なえる「コンテンツウォッチャー・スマート2」「CWSスモールオフィス2」をアップデートした。

 「コンテンツウォッチャー・スマート2」「CWSスモールオフィス2」は、Mac OS X 10.7(OS X Lion)/Windows 7のクライアントOSに対応し、異なるOSを一元監視できる。ファイル操作やアプリケーション利用、Webアクセスなど7種類の操作監視に対応している。管理サーバとして、Windows Server 2008とMac OS X Serverも利用できるようになった。

 デバイス制御機能に、内蔵CD/DVD/USBメモリなどが追加され、企業の内部統制ツールとして使いやすくなっている。情報漏洩を即座に発見、追跡でき、社内の内部統制をより強固に管理できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは? ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036717


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ