NEC、認識処理速度高速化した音声認識議事録作成支援製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、認識処理速度高速化した音声認識議事録作成支援製品を出荷


掲載日:2011/10/27


News

 日本電気株式会社(NEC)は、音声認識技術を利用した議事録作成支援ソリューション「VoiceGraphy」の認識処理スピードを高速化した新製品「VoiceGraphy 2.0」の出荷を10月28日に開始する。

 「VoiceGraphy 2.0」では、音声ファイル認識機能の入力プロセスと音声の特徴量データ抽出処理を強化することで、音声認識の精度を維持しながら、認識処理スピードが従来製品「VoiceGraphy 1.2.5」の最大4倍に高速化された。これにより、議事録作成の時間短縮に加え、アーカイブシステムなどのマルチメディアコンテンツを大量に取り扱うシステムでの活用も図れる。

 音声を認識し文字に変換する「VoiceGraphy2.0音声認識サーバ」、認識された文字データを編集する「VoiceGraphy2.0編集ツール」(編集するPCの台数分必要)、音声を認識するための辞書「VoiceGraphy2.0言語モデル」(ユーザごとに作成)の必須製品に加え、音声認識サーバ・編集ツールが複数の場合やリアルタイム音声認識中に編集作業をする場合に利用し、音声データや認識結果データを管理できる「VoiceGraphy2.0データ管理サーバ」で構成されている。

 価格は、「VoiceGraphy2.0音声認識サーバ」が180万円、「VoiceGraphy2.0編集ツール」が60万円、「VoiceGraphy2.0言語モデル」が300万円、「VoiceGraphy2.0データ管理サーバ」が60万円。


出荷日・発売日 2011年10月28日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036693


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ