採用:ダイヤモンド電機が基幹システムに「Infor ERP LN」等採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ダイヤモンド電機が基幹システムに「Infor ERP LN」等採用


掲載日:2011/10/26


News

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社(日本インフォア)は、ダイヤモンド電機株式会社が、日本インフォアのERP(統合基幹業務システム)「Infor10 ERP Enterprise(Infor ERP LN)」と業績管理システム「Infor10 CPM(Infor PM10)」の採用を決定、2012年春の本番稼働を目指して、国内導入を図っているほか、順次、海外拠点に展開する計画だと発表した。

 ダイヤモンド電機は、自動車エンジン用点火コイルで国内シェア3割を占めている一方、民生機器を含む電子制御部品の生産も行なっている。国内では関連グループ企業を含め7ヵ所、海外では、欧米、アジアに6ヵ所の拠点を有している。今回は、グループのグローバルガバナンスとコンプライアンスの強化を図るため、経営インフラ・ITインフラの構築を目的に「Infor10 ERP Enterprise」が、そのデータを収集・分析し、経営の可視化を図るために「Infor10 CPM」が採用された。

 「Infor10 ERP Enterprise」は、製造組立業界での実績と短期導入があり、グローバルで対応されること、更に「Infor10 CPM」と連携することで、経営の可視化を図れることで4月に採用が決定された。

 電気自動車(EV)、ハイブリッド自動車に代表される制御の電子化の進行や代替エネルギー分野への対応など、新たな市場ニーズと加速化するグローバル化に対応するため、「Infor10 ERP Enterprise」をベースに、業務とシステムの標準化を進める。また、「Infor10 CPM」を活用して、リアルタイムに、可視化された経営情報を活用することで、経営レベルに加え、小単位での部門レベルで意思決定の迅速化を図る。それぞれの管理組織で、採算を共通の管理指標に、経営情報の精度とスピードの向上を図り、柔軟な対応を図れる経営管理システムの構築も、今回の業務改革の主軸になっている。

 4月から導入が開始され、2012年春をめどに国内での本番稼働を目指す。その後、順次海外拠点への導入を進めていく予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】
ERP ERP ERP ERP ERP
会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036689


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ