デル、容易に導入できるシステム管理・導入アプライアンスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、容易に導入できるシステム管理・導入アプライアンスを発売


掲載日:2011/10/26


News

 デル株式会社は、システム管理・導入アプライアンス「KACE」シリーズで、「KACE K1000」「KACE K2000」を発売した。

 「KACE」アプライアンスは、ハードウェアとソフトウェアの在庫管理や頻繁なソフトウェア更新、構成管理、セキュリティパッチの適用などのタスクを自動化するアプライアンスベースのシステム管理ソリューションで、IT管理者は分かりやすいWebインターフェースでエンドツーエンドで管理業務を効果的に行なえ、世界各地のPCやサーバを容易・包括的に管理できる。

 初期のシステム導入、稼働中のシステム管理から廃棄まで、ほとんどの企業に求められるシステム管理要件に対応し、Windows、Mac、Linuxと様々なOS環境、互換性を備えたメーカのハードウェア・プラットフォームに対応する。また、システム管理者の運用時間短縮を図れ、組織のコスト節減を図れるように設計されているため、通常1日で導入でき、総所有コストの低減を図れる。また、物理環境でも仮想化環境でも利用できる。

 「KACE K1000」は、統合型システム管理アプライアンスで、優れた柔軟性と合理性を備えたアプライアンスベースのアーキテクチャを利用することで、ソフトウェアを利用した煩雑で複雑なIT管理業務の軽減を図れる。デバイス検出とインベントリの機能を備え、ネットワーク上のハードウェアとソフトウェアを検出し、インベントリを作成できる。省エネ電源管理のポリシー作成と導入を行なえるほか、あらかじめパッケージ化されたレポートまたはウィザードで生成できるカスタムのレポート作成を行なえる。また、ブロードキャスト・アラートを行なえ、メールサービスの中断など、重要なイベントをユーザに通知できる。

 「KACE K2000」は、統合型のシステムプロビジョニングソリューションを提供する。アプライアンスベースのアーキテクチャを利用することで、導入の複雑さとコストの問題に対処できる。インテリジェントなファイルベースのK-image形式を利用することで、WindowsとMac OSでイメージ管理、キャプチャ、保存にかかるコスト削減を図れる。

 RAIDやBIOS設定、アプリケーションのインストールとスクリプトの実行を含む導入作業が自動化されている。破損したWindowsやMacのリモートシステムの修理と復旧を行なえるネイティブツールが提供されるほか、管理対象のシステムの詳細なハードウェア在庫情報を収集できる。


出荷日・発売日 2011年10月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 【クエスト・ソフトウェア】 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036687


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ