カゴヤ、root権限付き仮想専用サーバの正式サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カゴヤ、root権限付き仮想専用サーバの正式サービスを提供


掲載日:2011/10/25


News

 カゴヤ・ジャパン株式会社(カゴヤ)は、クラウドサービスの新ブランド“カゴヤ・クラウド”の第1弾として「カゴヤ・クラウド/VPS」の提供を10月26日に開始する。

 「カゴヤ・クラウド/VPS」では、仮想化技術“Open VZ”を採用したroot権限付きの仮想専用サーバを利用できる。物理サーバは、クアッドコアCPUを2基、メモリは128GBの大容量を搭載し、高性能を備えている。ニーズに合わせて柔軟なシステムを構築でき、CPUのコア数は3つ、最低保証メモリは512MB、最大利用メモリ4GBというハイパフォーマンスを備えている。リソースは最大でCPUコア16個、メモリ32GB、HDD 1TBまで拡張できるほか、サーバのアクセス速度も高速で、大容量ファイルや大量のファイルを扱う処理も短時間に行なえる。

 保証メモリ容量や標準のHDD容量が異なる3プランが用意され、ニーズに合わせて選択できる。オプションで、突発的なデータの追加などにより、HDDの容量が足りなくなった場合は、自動的に最大1TBまで容量が追加され、利用できるため、通常時の契約プランは必要最低限に抑えながら、いざというときに対処できる。また、コントロールパネルでの設定で、容量を超えないようにすることもできる。

 仮想サーバを利用する際に有用な機能を備えている。“アプリケーションパック”機能では、CentOS、Ubuntu、開発パックなどのアプリケーションがパッケージ化されていて、専用コントロールパネルからインストールすることで、簡単に希望の環境を構築できる。また、仮想サーバには1台に付き固定IPアドレスが1つ無料で付与される。

 セキュリティにも優れ、不正侵入を防御するIPSを標準で備え、SQLインジェクションなどの攻撃やウイルスの感染を検知・排除できる。「KAGOYA Internet Routing」の大容量回線で接続され、京都にある同社のデータセンタには24時間365日エンジニアが常駐・監視している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 データセンターのサービスゲートウェイ拡張性を3シナリオで検証 【マクニカネットワークス】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
なぜ次世代インフラではストレージのサービス品質が重要なのか? データセンター向けサービスゲートウェイを用いた検証レポートを公開 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 多様なアプリに対応できる単一のITインフラ パフォーマンスと運用効率を両立

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036666


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ