ペンタセキュリティ、クラウド環境での動作に最適化したWAF発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ペンタセキュリティ、クラウド環境での動作に最適化したWAF発表


掲載日:2011/10/24


News

 ペンタセキュリティシステムズ株式会社(ペンタセキュリティ)は、マルチテナントのクラウド環境での動作に最適化したWebアプリケーションファイアウォール(WAF)「WAPPLES V-Series」を発表した。

 「WAPPLES V-Series」は、VMwareまたはXenの上で仮想的に展開される、クラウドベースのWebアプリケーションを保護するため、クライアントのWebアプリケーションとデータをサイバー攻撃から効果的に保護できる。

 同社の攻撃検知技術を利用したロジック分析エンジンを搭載している。26の検知ルールに基づくトラフィック分析を行なうことで、新種や変種の攻撃に対しても正確な検出を行なえる。また、サーバやネットワークへの変更を最小限に抑えられるため、管理者の負担や運用コストの低減を図れる。更に、柔軟で使いやすいユーザインターフェースを利用して、セキュリティ設定や帯域幅のカスタマイズを行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAF」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAF」関連情報をランダムに表示しています。

「WAF」関連の製品

クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell 【NEC】 アカマイ・テクノロジーズのWAF 【アカマイ・テクノロジーズ】 伊勢志摩サミットで、クラウド基盤へのDDoS攻撃をどう防いだか 【アカマイ・テクノロジーズ合同会社】 WAF/DDoS対策サービス TrustShelter/WAF 【NTTソフトウェア】 DDoS攻撃を絡めた攻撃をどう防ぐ? 多層防御にCDNが有効な理由 【ライムライト・ネットワークス・ジャパン】
WAF WAF WAF WAF WAF
InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。 WAF運用のヒント:4つのプロセスからWeb攻撃対策を再点検 G7伊勢志摩サミットの舞台裏、クラウド基盤への大規模DDoS攻撃をどう防いだのか 簡単かつ低コストにWebサイトセキュリティを強化できる、WAF/DDoS対策/CDNサービス。クラウド型WAFならすぐに導入でき、運用はお任せ。オンプレミス型WAFの提供も可能。 いまだ深刻な脅威であり続けるDDoS攻撃――「次の一手」はCDNにあった!

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036643


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ