OKI、クラウドサービスでオフィスIT機器LCMサービス第1弾を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OKI、クラウドサービスでオフィスIT機器LCMサービス第1弾を提供


掲載日:2011/10/21


News

 沖電気工業株式会社(OKI)は、クラウドコンピューティングサービス「EXaaS」の新メニューとして、「EXaaS PC-LCMサービス」を10月から提供する。

 「EXaaS PC-LCMサービス」は、オフィスIT機器を対象にしたLCM(ライフサイクルマネジメント)サービスの第1弾で、PCのLCMでの煩雑な運用・管理業務を代行し、企業の負担軽減を図る。企業PCのライフサイクルの、導入計画、調達/展開、運用管理、保守、リプレース/撤去の5つのフェーズに対して、「調達・保守サービス」「資産管理サービス」「PC資産・セキュリティ管理SaaS」という3分野のサービスを提供する。

 資産管理ツールが提供される上、PC運用・管理面の煩雑な業務が代行されることで、従来のPC-LCMサービスでは実現困難だった、作業負担の軽減を図れ、運用・管理コスト削減を支援するほか、セキュリティリスク、コンプライアンス違反の脅威からの保護を図れる。また、スマートフォンの運用・管理業務に対するサービスも提供できるほか、同サービスで提供される資産管理ツールは、英語、中国語にも対応しているため、海外拠点を含めた管理強化にも利用できる。

 これらにより、PCを標準化することで、セキュリティ対策を徹底でき、コンプライアンス強化を図れる。資産管理ツールを適用することで、ソフトウェア・ライセンス管理、契約管理に対応できるほか、利用中の資産管理ツールも継続利用できる。

 1台の月額は、調達・保守サービスが2500円から、資産管理サービスが1000円から、PC資産・セキュリティ管理SaaSが500円からで、いずれも、詳細は別途個別見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは? ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036619


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ