OKI、クラウドサービスでオフィスIT機器LCMサービス第1弾を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OKI、クラウドサービスでオフィスIT機器LCMサービス第1弾を提供


掲載日:2011/10/21


News

 沖電気工業株式会社(OKI)は、クラウドコンピューティングサービス「EXaaS」の新メニューとして、「EXaaS PC-LCMサービス」を10月から提供する。

 「EXaaS PC-LCMサービス」は、オフィスIT機器を対象にしたLCM(ライフサイクルマネジメント)サービスの第1弾で、PCのLCMでの煩雑な運用・管理業務を代行し、企業の負担軽減を図る。企業PCのライフサイクルの、導入計画、調達/展開、運用管理、保守、リプレース/撤去の5つのフェーズに対して、「調達・保守サービス」「資産管理サービス」「PC資産・セキュリティ管理SaaS」という3分野のサービスを提供する。

 資産管理ツールが提供される上、PC運用・管理面の煩雑な業務が代行されることで、従来のPC-LCMサービスでは実現困難だった、作業負担の軽減を図れ、運用・管理コスト削減を支援するほか、セキュリティリスク、コンプライアンス違反の脅威からの保護を図れる。また、スマートフォンの運用・管理業務に対するサービスも提供できるほか、同サービスで提供される資産管理ツールは、英語、中国語にも対応しているため、海外拠点を含めた管理強化にも利用できる。

 これらにより、PCを標準化することで、セキュリティ対策を徹底でき、コンプライアンス強化を図れる。資産管理ツールを適用することで、ソフトウェア・ライセンス管理、契約管理に対応できるほか、利用中の資産管理ツールも継続利用できる。

 1台の月額は、調達・保守サービスが2500円から、資産管理サービスが1000円から、PC資産・セキュリティ管理SaaSが500円からで、いずれも、詳細は別途個別見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】 クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client View 【Sky】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。 使いやすさを追求したクライアント運用管理ソフトウェア。「ログ管理」や「IT資産管理」など必要な機能を標準装備し、専門知識がない人でも簡単に扱える点が魅力。 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036619


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ