富士通、PCクラスタ向けスケーラブルファイルシステムソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、PCクラスタ向けスケーラブルファイルシステムソフト発売


掲載日:2011/10/18


News

 富士通株式会社は、PCクラスタのファイルシステムを構築するスケーラブルファイルシステムソフトウェア「FEFS」を発売した。

 「FEFS」は、PCクラスタシステムで、計算ノードからの大量データの読み込み・書き込みの高速並列分散処理を行なえるソフトウェア。計算ノードとファイルシステム間の総スループット値は最大毎秒1TBを達成しているほか、システムの拡張性、高信頼性、実運用での利便性に優れた機能を搭載している。ファイルシステム側で高速・大量のデータ処理を行なえ、システム全体の性能向上を図れ、計算ノードからの大量データの読み込み・書き込みの高速並列分散処理を行なえ、大規模、高性能、高信頼なファイルシステムを構築できる。

 オープンソース・ソフトウェア「Lustre」をベースに、機能強化が行なわれている。数十台規模のPCクラスタシステムから最大100万台の超大規模システムまで、様々なシステムに対応できる拡張性を備え、性能、信頼性、利便性に優れたファイルシステムを構築できる。

 データ容量の要件に合わせて、ファイルシステムをテラバイト規模から最大で8エクサバイトまで拡張でき、計算ノード数十台規模のシステムでは価格性能比に優れたファイルシステムとして利用でき、最大では100万台規模のPCクラスタまで利用できる。優れた総スループット性能を備え、ストレージ1万台規模のシステムを構築でき、「Lustre」の約1〜3倍の、1秒間に数万個のファイル生成を行なえるメタデータ操作性能を備えている。

 ファイルシステム全階層(ディスクのRAID構成、InfiniBandネットワークのマルチパス構成、複数サーバ・ストレージ構成など)で冗長化構成に対応し、ジョブを実行したままでのフェイルオーバーに対応する。

 ユーザ間フェアシェア機能を利用することで、特定ユーザによるI/O処理帯域の占有を回避できるほか、各ノードの運用に合わせた優先制御設定を行なうことで、ノードごとのI/O処理帯域保証を行なえる。また、ディレクトリごとのQuota設定を行なえるため、ジョブや業務ごとにファイルの利用・監視を図れ、ディスク容量を効率よく使用できる。

 価格は、最小構成(「InfiniBand」接続の「PRIMERGY RX300 S6」×4台、「ETERNUS DX80 S2」×3台、「FEFS」ライセンス)で、2143万円から。


出荷日・発売日 2011年10月17日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036563


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ