富士通、企業向けPCでウルトラスモール型デスクトップPC等を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、企業向けPCでウルトラスモール型デスクトップPC等を提供


掲載日:2011/10/14


News

 富士通株式会社は、企業向けデスクトップPC「ESPRIMO」、ノートPC「LIFEBOOK」のラインアップを一新し、CPUやメモリなど基本性能を強化した全8シリーズ39機種を10月下旬から順次提供する。

 今回、「ESPRIMO」で3シリーズ20機種、「LIFEBOOK」で5シリーズ19機種が発売された。「ESPRIMO B531/D」は、省スペース型「ESPRIMO D581/D」に比べ、設置容積で約85%削減した“ウルトラスモール型”の新筐体を採用している。液晶ディスプレイの背面にPC本体を取り付けられる、別売オプションの「モニターマウントキット」は、PC本体との電源連動が可能で、省スペース性と操作性の向上が図られている。また、低消費電力CPUを搭載し、「ESPRIMO D581/D」に比べ消費電力を約41%削減したほか、2006年度の同社機種に比べ消費電力を約80%削減している。

 新機種には、“ディスプレイの電源を切る”ユーティリティがプレインストールされていて、画面上のアイコンをクリックするだけでディスプレイの電源を切れるため、ディスプレイの消費電力の削減を図れる。

 「LIFEBOOK」では、待機電力をゼロに近づけ、電源オフ時や休止状態時に必要以上の電力供給をストップする省エネ機能“ECO Sleep”に対応した“ゼロワットACアダプタ”の対応機種が全モデルに拡大された。また、ACアダプタ接続時でも、あらかじめ設定した時間帯に、自動的にバッテリから電源を供給する“ピークシフト”機能対応ソフトが、全モデルにプレインストールされ、電力消費の分散化を図れる。

 また、液晶ディスプレイの輝度調整や、未使用機能の無効化を簡単に設定でき、消費電力の低減を図れる「省電力ユーティリティ」が提供され、PC動作時も非動作時も消費電力の低減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036508


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ