PFU、iPad/iPhone、クラウドとの連携強化を図ったスキャナ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PFU、iPad/iPhone、クラウドとの連携強化を図ったスキャナ発売


掲載日:2011/10/14


News

 株式会社PFUは、書類をPDF化できるパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズの「S1500」「S1500M」に、iPad/iPhone連携に加え、クラウドサービスとの連携強化を図った新モデルを10月21日に発売する。

 今回の新モデルでは、スキャンした書類を様々な利用シーンで活用できるように、iPad/iPhone連携を実現したほか、クラウドサービスとの連携が強化された。また、同梱されるソフトウェアが強化され、活用の幅が拡大された。

 iPad/iPhone専用アプリケーション「ScanSnap Connect Application」が、アップル社のApp Storeで無償提供される。同アプリケーションを実行することで、「ScanSnap」でスキャンした原稿をiPad/iPhoneに直接保存でき、アイデアを書き留めたメモ、案内状などのハガキ、店のチラシなどの紙媒体を、すばやくiPad/iPhoneに保存して外に持ち出せる。

 行ないたいことを簡単に選択できる「ScanSnap」のクイックメニュー上にクラウドサービスとの連携アイコンが追加され、利用しているクラウドサービスにスキャンした書類を保存できる。同期型オンラインストレージサービスのSugarSyncとの連携機能が提供されるほか、Salesforce CRMと組み合わせて利用できるSalesforce Chatterとの連携機能が追加された。

 添付アプリケーションが強化され、「S1500」には「Adobe Acrobat X Standard」(Windows版)が、「S1500M」には「Adobe Acrobat 9 Pro」(Mac OS版)が標準添付される。「ScanSnap」で作成したPDFを加工・編集できるので、より一層PDFファイルを活用できる。ソフトウェアは1枚のDVDにまとめられていて、どちらのモデルを購入した場合も、利用しているOSに合ったソフトウェアを利用できる。また、名刺管理ソフト「名刺ファイリングOCR(Windows版)」、「CardMinder(Mac OS版)」も含まれるため、書類のスキャンから名刺の管理まで、利用環境を問わず活用できる。

 直感的に操作できるドキュメントファイリングソフトウェア「楽2ライブラリ パーソナル V5.0」も、機能強化が図られていて、iPad/iPhoneやクラウドサービスとの連携機能を備え、ファイリングしたドキュメントを簡単に活用できる。


出荷日・発売日 2011年10月21日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036507


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ