プルーフポイント、Webメール用セキュリティソリューション発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プルーフポイント、Webメール用セキュリティソリューション発表


掲載日:2011/10/14


News

 日本プルーフポイント株式会社は、Microsoft Office 365など各種のSaaS型Webメールサービスのセキュリティを強化でき、誤送信対策などの機能を利用できるソリューションを発表した。

 同社では、スパム検知や情報漏洩対策に加え最新の脅威にも対抗できるエンタープライズ向けソリューション「Proofpoint Protection Server」(PPS)と同じ機能をクラウド上で提供するサービス「Proofpoint on Demand」(PoD)を提供していて、優れた技術をより手軽に低コストで利用できる。「PoD」をWebメールサービスに適用することで、脅威からの保護と情報漏洩の防止を図れる。また、「PoD」は、監視機器やプリンタなどがSMTPを使って発信するメッセージを処理できるため、社内にメールサーバを残す必要がなくなる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

エンドポイントを襲う未知の脅威は、機械学習とアプリケーション制限実行で防ぐ 【マカフィー】 入口を突破する標的型攻撃、脅威侵入を前提とした効果的な対策基盤の確立方法 【マカフィー】 なぜ侵入に気付けなかったのか? “点の対策”から今すぐ脱却すべき理由 【トレンドマイクロ】 メール誤送信防止ソフトウェア 「CipherCraft/Mail」 【NTTテクノクロス】 増加するゼロデイ脅威、標準的な手段では防げない20%の攻撃をどう防ぐ? 【マカフィー】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
エンドポイントを襲う未知の脅威は、機械学習とアプリケーション制限実行で防ぐ 入口を突破する標的型攻撃、脅威侵入を前提とした効果的な対策基盤の確立方法 なぜ侵入に気付けなかったのか? “点の対策”から今すぐ脱却すべき理由 ・10年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止
増加するゼロデイ脅威、標準的な手段では防げない20%の攻撃をどう防ぐ?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036486


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ