RADVISION、iPadからも利用できるビデオ会議の配信サービス開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


RADVISION、iPadからも利用できるビデオ会議の配信サービス開始


掲載日:2011/10/13


News

 RADVISION Japan株式会社(RADVISION)は、iPhone、iPod touch、iPadからビデオ会議に参加できる「SCOPIA Mobile V3アプリケーション」をApp Storeから無償でダウンロードできるサービスを開始した。

 「SCOPIA Mobile V3」は、世界標準に準拠した接続性を備えていて、各社メーカのビデオ会議専用端末機やテレプレゼンスシステム、デスクトップPC、Macに加え、Microsoft Lync、IBM Lotus SametimeなどのUC製品との接続、会議への参加を行なえる。帯域や端末側の処理負荷を抑えて、同時に1000拠点まで接続でき、同一会議室に300拠点から参加できる。画面も28分割表示まで行なえる。HDビデオ画質を備えているほか、HTTPSを利用した自動NAT(Network Address Translation)ファイアウォール越え機能を装備している。また、NetSenseに対応し、予測技術を利用して、パケットロスが通信品質に影響を与える前に帯域を自動的に低下させ適応させられる。

 カレンダーのイベントやメールに指定されているURLをクリックするだけで会議に参加できる。指の動きで操作できる“ジェスチャー機能”を備えているほか、H.239に準拠した“資料共有機能”を標準装備している。また、プレゼンテーション中でも説明資料のページを参照できる“コンテンツスライダー機能”を標準装備している。

 企業のディレクトリーから社内の参加者を会議に招待できるほか、直接電話番号やIPアドレスを入れることで外部のゲストを招待できる。参加者の音声ミュート、遠隔地のカメラ停止、参加者の退室を行なえるほか、ビデオレイアウトの変更やマルチ-タッチインターフェースでレイアウトの参加者の位置を変更できる。また、会議で使用されたビデオや音声コーデックや解像度、帯域やパケットロスなどの統計データを参照でき、障害時の分析・判別に利用できる。

 前面カメラと背面カメラを簡単に切り替えられるほか、横置き、縦置きのどちらでもカメラは自動的に追随する。ローカルビデオはPIP(ピクチャーインピクチャー)で表示できる。また、オーディオは、iPhoneやiPad/iPad2のオーディオサブシステムを利用できる。エコーキャンセラー、オートゲインコントロール(AGC)、ノイズリダクションを備えているほか、ビデオの上で長くタップし続けることで、送信ビデオの一時停止、Self-see(自分を映す)オプションのオン/オフ、自分のビデオレイアウトの変更を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

マネージド・コラボレーションサービス COLLABO de! World 【IIJグローバルソリューションズ】 Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ) 【VTVジャパン】 海外企業で拡大中!「15分会議」成功の秘訣 【ポリコムジャパン】 テレビ会議システム V-CUBE Box 【ブイキューブ】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
Skype for Businessのユーザーは、端末側の設定変更や専用ソフトウェアを追加することなく、COLLABO de! Worldのビデオ会議に参加することが可能。 各種端末やWebRTC対応ブラウザ、UCツールからの接続に対応したメディアプラットフォーム。誰もが自由に利用できるテレビ会議環境を低コストで提供する。 ◎場所や端末を問わず利用できるリモート会議ソリューション
◎視覚や聴覚に訴えるリモート会議で、短時間での意思決定を支援
リモコンで操作ができる会議室設置型のテレビ会議システム。低コストながら高画質・高音質を実現しているため、既存テレビ会議システムのリプレースや拡張にも適している。 ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036480


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ