アシスト、アクセス管理製品・暗号化製品向け実装支援キット提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、アクセス管理製品・暗号化製品向け実装支援キット提供


掲載日:2011/10/12


News

 株式会社アシストは、サーバ・アクセス管理製品「CA Access Control」(開発元:CA Technologies)、暗号化製品「秘文AE Full Disk Encryption」(開発元:株式会社日立ソリューションズ)それぞれの実装を支援するために、「DBサーバ不正アクセス防止キット」「秘文暗号化実装キット」を2012年3月末日まで無償で提供する。

 今回提供される実装支援キットでは、DBサーバへの不正アクセス防止や、HDDの暗号化の実装を顧客自身が短期間・低コストで対応できる。それぞれのソフトウェアの実装に必要な設定スクリプトやパラメーター・シートが雛形として提供されるほか、導入するための手順書がパッケージングされている。なお、実装支援キットの無償提供には、各製品のライセンス購入とプロダクト・サポート契約の締結が前提になる。

 これにより、通常は、「CA Access Control」で100万円相当、「秘文AE Full Disk Encryption」で40万円相当で有償提供されているアシストの導入支援サービスを利用しない場合でも、製品の実装をスムーズに行なえる。実装支援キットに含まれる設定スクリプトやパラメーター・シートの雛形は実環境での稼働実績に基づくセキュリティ基準値が採用されているほか、導入ガイド類は顧客自身が短期間で導入作業を行なえるように考案されている。

 また、いずれも、環境構築、教育支援、異なる複数のソフトウェア同士を連携させるスクリプト、各種レポート・テンプレートなど、プラス・アルファーのサービスが付加されていることを示す、“Plus A”マークの対象になっている。

 同社では今後も、“Plus A”マークを付加した、セキュリティ対策ソリューションを拡充する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036456


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ