システム開発事務所LOCAL、ERPオープンソースの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


システム開発事務所LOCAL、ERPオープンソースの新版をリリース


掲載日:2011/10/12


News

 システム開発事務所LOCALは、国内中小企業向けに開発している日本専用クラウド型ERPオープンソース「LOCALIZE」の「ver1.1.0」正式版をリリースした。

 「LOCALIZE」は、地域経済の発展を支援することをコンセプトに開発されているERPオープンソース。今回のバージョンでは、財務分析機能が強化されたことで、収益性分析や安全性分析を月期/四半期/半期/年期ごとに多角的に行なえるようになった。収益性分析ではROA(総資本利益率)/ROE(自己資本利益率)/売上高利益率/資産回転率/財務レバレッジといった機能が、安全性分析では流動比率/当座比率/自己資本比率/固定長期適合率といった機能が追加されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 Web経費精算システム MAJOR FLOW Z KEIHI 【パナソニック ネットソリューションズ】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 交通費や交際費などの承認の決裁だけではなく、経費精算に関する業務自体の改善を支援するビジネスリフォーム機能満載の経費精算システム。 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036449


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ