日本IBM、企業内とクラウドの一元的なシステム運用ソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、企業内とクラウドの一元的なシステム運用ソフトを提供


掲載日:2011/10/11


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、企業内システムとパブリック・クラウド上のシステムを統合して運用管理するためのソフトウェア「Service Management Extension for Hybrid Cloud」の提供を10月24日に開始する。

 「Service Management Extension for Hybrid Cloud」は、Tivoli製品(Tivoli Service Automation Manager、Tivoli Monitoring、Tivoli Directory Integrator)と、Cast Iron 製品(WebSphere DataPower Cast Iron Appliance XH40、WebSphere Cast Iron Hypervisor Edition)を使用しているユーザに無償で提供されるオプション機能で、Tivoli製品を補完するアドイン機能のダウンロードサイトからダウンロードできる。企業内システムとパブリック・クラウド間のデータ連携を短期間で実現できるソフトウェアとして実績のあるWebSphere Cast Ironを前提にしている。

 物理サーバや仮想サーバのパフォーマンスや障害の監視を行なうIBM Tivoli Monitoringの機能をパブリック・クラウドにも適用できるため、企業内システムとパブリック・クラウドを1つの画面で統合監視でき、運用の負荷軽減を図れる。

 利用者の申請に基づいて、クラウド環境で仮想サーバなどの資源の作成、変更、削除などを自動化するTivoli Service Automation Managerのプロビジョニング機能をパブリック・クラウドに対して行なえ、企業内システムとパブリック・クラウドに対して同一プロセスでリソース配備できる。

 IBM Tivoli Monitoring、Tivoli Service Automation Managerに加え、イベント相互の関連を分析して処理を自動化するTivoli Netcool/Impactと、あらかじめ設定した運用ルールに基づいて自動的に判断を行なうWebSphere ILOG JRulesを併用することで、動的なワークロード管理を行なえ、例えば企業内システムのIT資源が不足した際に、自動的にパブリック・クラウドの資源を割り振れ、パフォーマンスの低下防止を図れる。

 異なるシステムのユーザ登録情報を同期するTivoli Directory Integratorの機能を、企業内システムのユーザID管理の標準的な仕組のLDAPとパブリック・クラウドの統合に利用できるため、企業内システムとパブリック・クラウドに散在するユーザIDを容易に管理でき、セキュリティの向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果 【レッドハット】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 クラウド環境の構成管理を自動化――Splunkが「Ansible」導入で得た3つの効果 【レッドハット】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果 システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは? 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 クラウド環境の構成管理を自動化――Splunkが「Ansible」導入で得た3つの効果

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036438


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ