インフォテック・アーキテクツ、ワークフローの新版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォテック・アーキテクツ、ワークフローの新版をリリース


掲載日:2011/10/11


News

 インフォテック・アーキテクツ株式会社は、紙による申請/決裁業務を電子化できるドキュメントワークフローシステムの新バージョン「Create!Webフロー V3.2」をリリースした。

 今回の新バージョンでは、操作性の向上と、より厳密に運用を統制する管理機能の拡充の両面から、機能の追加/改善が行なわれている。

 稟議/経費などの業務ごとに一覧メニューを拡張し、任意の項目を一覧表示や検索/ソートの対象にでき、業務効率の向上を図れる。また、承認者の種別(承認/決裁/閲覧)や承認順序ごとに、承認フォーム項目の表示/入力制御を定義できる。申請書内の入力項目を、しかるべき担当者がしかるべき個所のみ確認/編集できるため、誤入力や不正な改ざんを防げる。

 承認フォーム上から該当申請案件に関する添付ファイル/コメントを確認できるようになった。また、ログインパスワードの最小文字数、文字種の組合せ数、有効期限などの設定を組み合わせ、運用ポリシーを定義できるようになった。そのほか、PDF生成速度が向上し、Google Chromeにも対応した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 必要なのはWebブラウザとメールだけ、業務プロセスを一気通貫するデジタル化術 【アドビ システムズ】 企業のデジタル変革への第一歩――「電子サイン」ポリシー策定を徹底解説 【アドビ システムズ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 必須はWebブラウザとメール 業務を一気通貫するデジタル化術 電子サイン導入課題 基本ポリシーの策定をどうする?6つのポイント 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036432


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ