JBAT、データを様々な形で素早く分析できる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBAT、データを様々な形で素早く分析できる製品を出荷


掲載日:2011/10/07


News

 JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(JBAT)は、意志決定支援ソリューション「CustomerVision WebReport2.0」のオプション製品として、データを様々な形で素早く分析できる「CustomerVision WebReport2.0 自由分析」(WebReport2.0 自由分析)の出荷を11月25日に開始する。価格はオープン価格。

 「WebReport2.0 自由分析」は、企業内に蓄積された情報を基に、表現力豊かな表やグラフを使用してユーザ自身が見たい形や切り口でデータの分析を行なえ、経営の意思決定をサポートする。例えば、販売分析では、集計結果のグラフから、担当エリアの絞りこみ、拠点単位の状況把握を行なえるほか、明細を掘り下げることで原因を追究できるなど、ユーザ思考の切り口で、データを多数のグラフィカルな表やグラフに展開し、分析できる。

 Webブラウザベースのユーザフレンドリーな設計画面を利用して、簡単に設計でき、利用者に固定で見せられるほか、自由に操作することもできる。20種類の表やグラフが用意されていて、明細表示など高詳細で豊かな表現力を備えていて、グラフに加え、世界地図などのイメージと組み合わせたダッシュボードを作成できる。また、複数チャートと連動し、絞り込みを簡単に行なえるフィルタ機能を利用することで、見たい情報を容易に表示できる。

 ブラウザ上に表示される表やグラフは、高速な描画テクノロジーを利用することで、ユーザの思考を止めずに表示・形成できるほか、切り替えや複数表示にもスムーズに対応できる。原因を追究するドリルダウン分析、詳細なデータを取得するドリルスルー分析を行なう場合も、複数のDBからデータを容易に参照・集計でき、企業内に蓄積された情報資産を活用した、経営の意思決定をサポートする。


出荷日・発売日 2011年11月25日 出荷
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036426


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ