富士通コンポーネント、低消費電力のコンソールドロワーを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通コンポーネント、低消費電力のコンソールドロワーを発売


掲載日:2011/10/07


News

 富士通コンポーネント株式会社は、低消費電力の1u(高さ44.45mm)リフトアップ・コンソールドロワー「FD-5300AT/J」を発売した。価格はオープン価格。

 「FD-5300AT/J」は、キーボード/マウス/モニタを一体化したコンソールユニットで、17インチ(1280×1024ドット)のLCD液晶ディスプレイと、100V ACから240V ACまでカバーする電源を搭載している。

 ディスプレイ輝度最大(250cd/平方メートル強)設定時での最大消費電力は25W、オンモード(ディスプレイ輝度200cd/平方メートル)での消費電力は18.6W以下、スリープモードでは0.7W以下、オフモードでは0.6W以下に抑えられている。また、ディスプレイを閉じることでオンモードからオフモードに移行する機能を備え、データセンタやオフィス環境での各種システムの省エネ対応に活用できる。

 キーボード/マウス操作面が、ディスプレイを開くとともにせりあがり、筐体枠が操作の妨げにならないリフトアップ機構を備えている。また、本体側にLED発光部と受光部を設け、薄いカード状操作部で反射させる“オプティカルリフレクトマウス”を搭載している。ホットキーを用いてOSD(オンスクリーンディスプレイ)画面に切り替えることができる。


出荷日・発売日 2011年10月1日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036413


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ