DNPと日本オラクル、プロモーションの業務プロセス改善を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNPと日本オラクル、プロモーションの業務プロセス改善を支援


掲載日:2011/10/04


News

 大日本印刷株式会社(DNP)と日本オラクル株式会社は、企業のプロモーション活動での業務プロセス改善を支援するサービス提供で連携し、DNPが日本オラクルの業務プロセス管理(BPM)製品を組み合わせた「DNPプロモーションBPM」の提供を開始した。

 「DNPプロモーションBPM」では、プロモーション活動の業務プロセスを改善した後の作業効率やコストを試算して明確化し、実際の業務に最適化したシステムを構築する。プロモーションに必要な各種業務に対して、効率的なワークフローを設計し、改善効果を試算する「プロモーションBPMアセスメントサービス」と、設計したワークフローを円滑に遂行する「プロモーションWorkPlace」を構築するサービスで構成されている。

 「プロモーションBPMアセスメントサービス」では、プロモーション活動を遂行する上での障害や効率性を阻害する要因について、現状の業務プロセスを整理・分析することで課題を抽出し、効率的な業務プロセスのワークフローを提案する。オラクルの業務プロセス管理製品「Oracle Business Process Management Suite 11g」(Oracle BPM Suite 11g)を基盤に、業務プロセスの改善効果をシミュレーションで可視化し、ワークフローを見直す必要性を客観的に把握できるようにする。また、アセスメントの結果を「業務プロセス改善効果試算レポート」として提供する。

 「プロモーションWorkPlaceの構築サービス」では、「プロモーションBPMアセスメントサービス」で設計したワークフローを遂行する際、プロモーションに関係する各種業務の進捗状況を管理するシステム「プロモーションWorkPlace」を構築する。各種業務に携わる担当者は、「WorkPlace」を活用して同時並行的に、他部門の進捗状況に応じて調整を図りながら効率的に業務を遂行できる。「プロモーションWorkPlace」上で行なわれる業務プロセスをモニタリングし、担当者の進捗・滞留度合いを集計できる。“分析・設計(Plan)、実行(Do)、モニタリング(Check)、改善・再構築(Action)”のPDCAサイクルの考え方に基づいて、集計した進捗情報をもとに改めて“新たな業務プロセスの設計とシミュレーション”を行ない、継続的に業務改善サイクルを実行する。

 価格は、「プロモーションBPMアセスメントサービス」が100万円から、「プロモーションWorkPlace構築サービス」が2000万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BPM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BPM」関連情報をランダムに表示しています。

「BPM」関連の製品

数理計画モデリングツール 「Xpress」 【MSI】
BPM
数理計画・最適化ソフトウェアの分野に強みを持つモデリングソルバー。強力なソルバーとその実行環境を提供、最適化アプリケーションモデリングと意思決定の迅速化を支援。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036348


IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ