WCP、下り最大110Mbpsの次世代ネットワーク・サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


WCP、下り最大110Mbpsの次世代ネットワーク・サービスを開始


掲載日:2011/10/04


News

 Wireless City Planning株式会社(WCP)は、下り110Mbps/上り最大15Mbps(ベストエフォート方式)の最高伝送速度を達成した次世代ネットワーク・サービスを、11月1日から開始する。

 今回開始されるサービスは、株式会社ウィルコムから承継した2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム“XGP”を高度化させた“AXGP”(Advanced eXtended Global Platform)。次世代通信システムのひとつ“TD-LTE”と高い互換性を備え、エコシステムを共有できるため、ネットワーク設備や端末部品の流用、共通化が見込め、設備投資額の抑制や端末の低廉化、安定供給を図れる。

 提供エリアは、11月1日時点では東京・大阪・福岡の一部地域で、2011年度末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市と周辺都市に拡大する。更に、株式会社ウィルコムから承継した15万7000局の基地局設置場所とソフトバンクモバイル株式会社(SBM)の鉄塔などを活用して、全国の都市部を中心にエリア整備を加速、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%に拡大する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036344


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ