ロゴスウェア、STORM Maker新版に画面操作の録画機能を標準搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロゴスウェア、STORM Maker新版に画面操作の録画機能を標準搭載


掲載日:2011/10/03


News

 ロゴスウェア株式会社は、プレゼン型コンテンツ作成ソフト「STORM Maker」の新バージョン「1.9.0」に、PC上の画面操作を記録しビデオ化する“キャプチャツール”機能を標準搭載、10月(予定)から出荷する。

 今回の新バージョンは、文書を組み入れた動画マニュアルを作成するために開発された。コンテンツをオーサリングする素材として、PowerPointのスライド、デジタルブック、ビデオなどを取り込める機能を備えているため、文書マニュアルをデジタルブック化して取り込み、画面操作のビデオと組み合わせることができる。

 文書を組み入れた動画マニュアルを簡単に作成できるため、文章で説明すべき所は文章で、操作を見せたいところはビデオで、という組み合わせを行なうことで、新しいタイプの動画マニュアルを作成できる。

 「キャプチャツール」は、単体のソフトとして無料配布することもでき、ソフトウェアやWebサイトの使い方に精通した人が画面操作のキャプチャだけを行ない、オーサリング担当者はそれを素材として受け取り、他の素材と組み合わせて最終的なコンテンツに仕立て上げることができるため、制作会社や社内制作担当者が動画マニュアルを作成する時に利用できる。

 「STORM Maker」の提供価格は、年間定額制が4万8000円から、パッケージ版が12万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 年間定額制:4万8000円〜、パッケージ版:12万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036322


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ