パラゴン、Windows Server用パーティション操作ツールの新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パラゴン、Windows Server用パーティション操作ツールの新版発売


掲載日:2011/09/30


News

 パラゴンソフトウェア株式会社(パラゴン)は、パーティション操作ユーティリティの新バージョン「Paragon Partition Manager 11 Server」「Paragon Partition Manager 11 Professional」を発売した。また、同社Webサイトでダウンロード版の販売も開始される予定。

 「Paragon Partition Manager 11 Server/Professional」は、Windowsサーバ/クライアントの既存データを削除せずに、安全・簡単に様々なパーティション操作(パーティションの作成、削除、サイズ変更、移動、コピー、結合、バックアップなど)を行なえる。今回の新バージョンでは、2TBを超えるHDDに対応したほか、AFT/4KiBセクタ採用のHDDにも対応している。

 パーティション操作の代表的な機能は“エクスプレスモード”というランチャに登録され、目的に応じて機能を選択すると、操作に必要なウィザードが呼び出され、ウィザードに沿って簡単に操作できる。Windows PE 3.0に対応したことで、デバイスとの親和性が更に向上したほか、製品CD-ROMから起動した場合でも、同社製品共通のインターフェースを利用できる。

 パーティションのサイズ変更、移動など、ディスクの構成状態を視覚的に確認しながら操作できる上、パーティションの作成、削除、サイズ変更、移動、コピー、結合、バックアップなど、様々なパーティション操作を行なえる。また、パーティション操作を行なう前にHDDのバックアップを作成でき、バックアップの保存先はHDDに加え、CD、DVD、Blu-rayなど様々なメディアに対応している。

 セクタレベルでHDDやパーティションのコピーを行なえ、HDDの交換を行なう際にもシステムマイグレーションを簡単に行なえる。仮想モードを使用すると、ユーザが指定した操作は適用するまで、タスクとして保留されるため、複雑な操作を行なう必要がある場合も、段階ごとに確認でき、人為的な操作ミスの低減を図れる。

 2TB以上の大容量HDDに対応したほか、標準ではGPT形式のHDDを利用できない環境でもParagon GPT Loaderを利用することで、2.2TB以上のHDDを利用できる。また、AFT・4KiBセクタ採用のHDDに対応し、Paragon Alignment Toolを利用することで、既存のデータを削除せずに指定したパーティションにのみ、アラインメントを行なえる。


出荷日・発売日 2011年9月29日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】 フラッシュストレージに関するアンケート 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート ギフト券が当たる★フラッシュストレージに関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036293


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ