DNP、精度の高い「多言語自動翻訳ソリューション」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、精度の高い「多言語自動翻訳ソリューション」を提供


掲載日:2011/09/30


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、企業の翻訳業務の精度向上と効率化を支援するサービス「多言語自動翻訳ソリューション」の提供を開始した。

 「多言語自動翻訳ソリューション」では、株式会社クロスランゲージが提供する自動翻訳システム「Web-Transer」と、専任スタッフなどによる人的サポートを組み合わせて、Webサイトや社内文書を迅速/高精度に自動翻訳する。英語/韓国語/中国語(簡体字/繁体字)に対応する。

 導入検討フェーズ/導入準備フェーズ/実運用フェーズの3段階で提供される。導入検討フェーズでは、自動翻訳が可能な範囲と翻訳精度を確認できる「自動翻訳サンプル評価サービス」が提供される。Webサイトの任意のページを「Web-Transer」で自動翻訳し、その結果、翻訳されにくい単語やフレーズの有無を抽出するとともに、元の文意がどの程度損なわれずに翻訳されたかという精度を確認できるレポートを作成する。

 導入準備フェーズでは、「自動翻訳サンプル評価サービス」で抽出した単語・フレーズに加え、頻繁に出てくる単語・フレーズを抽出・リスト化し、各言語の対訳をつけた単語辞書とフレーズ対訳をDBに登録する「ユーザー辞書&フレーズ対訳作成・登録サービス」が提供される。直訳では理解しにくい専門用語や業界特有の表現でも、辞書・対訳DBを用いて適切な訳語に自動的に翻訳されるため、精度の向上を図れる。

 実運用フェーズでは、「自動翻訳サンプル評価サービス」「ユーザー辞書&フレーズ対訳作成・登録サービス」を定期的に行なう「訳質チェックパッケージサービス」が提供される。毎日/週1回/月1回のいずれかの定期的なメンテナンスにより、翻訳精度を安定化できる。また、「日本語校閲サービス」も用意されている。日本語の文章全体の意味を把握して、意味の切れ目で文を区切り、接続詞を加えて構文を整えるなど、翻訳しやすい日本語への補正を行なう。修正後の日本文を自動翻訳することで、精度の高い翻訳結果が得られる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036290


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ