NTT-AT、ネットワークのバックアップ強化に適したWDM装置を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、ネットワークのバックアップ強化に適したWDM装置を発売


掲載日:2011/09/29


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)は、FXC株式会社製のWDM(Wavelength Division Multiplexing)装置「LightEdge」シリーズの新製品で、障害・災害などの非常時に備えたバックアップ網の構築やネットワークの冗長化、既存のバックアップ強化を低コストで行なえる「LightEdge4800」を10月3日に発売する。

 「LightEdge4800」は、従来は未対応だった帯域の異なるGbE/10GbEを1ユニットの筐体に混在収容できるため、最小限の回線・ネットワーク機器で済む。100kmの長距離を無中継、ロスバジェット29dBで伝送できるため、コロケーション費用も節約でき、従来に比べ低コストでバックアップ強化を図れる。また、最大消費電力85W、RoHS指令対応で環境にも配慮している。

 光ファイバ1芯で送受信できる1芯双方向通信に対応している。既存通信に影響なく、チャネルを追加できる。クライアント、WDMのインターフェースにSFP/SFP+/XFPを採用していて、これらの差し替えでチャネルを追加でき、保守性の向上を図れる。

 監視専用波長を使用し、対向局装置へのログインや監視を行なうインラインマネジメントに対応している。監視用ネットワークの構築・運用コストの削減や、無人局・ユーザの拠点に設置した装置の監視も容易に行なえる。また、電源断が発生した際に、対向局装置に警報を通知する電源断検知機能を備え、故障時の切り分けをサポートする。

 価格は、構築する内容・規模に応じて異なる。


出荷日・発売日 2011年10月3日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 ハイパーコンバージド=バックアップ不要…は正しい?! ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036248


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ