提携:YDCの災害対策ソフトをソフトマックスが医療機関へ販売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:YDCの災害対策ソフトをソフトマックスが医療機関へ販売


掲載日:2011/09/28


News

 株式会社ワイ・ディ・シーは、災害対策・バックアップソフトウェア「Standby Express 3G」の販売で、ソフトマックス株式会社と提携した。

 「Standby Express 3G」は、Oracle Database上のアーカイブログを本番システムから、あらかじめ用意したスタンバイDB上へ自動転送するソフトウェア。自然災害やシステム障害が発生した場合、スタンバイシステムを本番システムとして即利用できる。

 ソフトマックスは、電子カルテやオーダリング、医事会計などの医療分野向けシステム開発とパッケージ製品の販売を行なっている。今回の提携により、ソフトマックスのシステムと「Standby Express3G」を組み合わせたソリューションを提案する。電子カルテシステムのローカルバックアップツールとして「Standby Express 3G」を標準でサポートするほか、遠隔地へのディザスタリカバリニーズについても構築サービスを提供する。YDCはソフトマックスに対して技術支援を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

Backup Exec 16 【ベリタステクノロジーズ】 Backup Exec 16 【ベリタステクノロジーズ】 クラウドバックアップサービス 【NEC】 運用で差が出る「クラウドを活用したバックアップ」の手法とは 【arcserve Japan】 Backup Exec 16 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
Amazon S3を活用したBCP/DR対策、専用ツールで安全性・操作性がさらに向上 「データ保護」動向調査:中小企業のバックアップ/リカバリーはさらに複雑化 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 企業が管理すべきデータは増える一方。コストと運用負荷削減を目的にクラウドを利用するには、クラウドの特性を理解した運用環境が必要だ。今われわれは何を選ぶべきか? AzureやvSphereのデータ保護も一元化、全プラットフォーム対応バックアップ製品

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20036242


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ